コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全州 ゼンシュウ

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐しゅう〔‐シウ〕【全州】

その州の全体。
すべての

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

全州【ぜんしゅう】

韓国,全羅北道の道都。百済(くだら)時代には都が置かれた。朝鮮王朝李氏の本貫の地でもあり,朝鮮王朝時代の全州城の城門,中央からの高官の宿舎,韓屋などが残り,今なお韓屋古都の面影を残している。
→関連項目甲午農民戦争全羅北道

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんしゅう【全州 Chŏnju】

韓国,全羅北道中央部の都市。人口57万0570(1995)。韓国第1の穀倉地帯である湖南平野の東辺からやや外れた盆地に位置し,交通の要衝として後百済(892‐936)の首都とされた歴史をもつ。李朝始祖の李成桂祖先の本貫(出身地)であり,全羅道の中心とされてきたが,近代に入り,鉄道や高速道から外されたため,交通要衝としての地位が低まり,行政,教育中心の都市となった。全国的に工業化が進んでいる中で,全州城の城門などの遺跡が散在する古都として知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぜんしゅう【全州】

ある州全体。
すべての州。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

全州
ぜんしゅう / チョンジュ

韓国(大韓民国)、全羅北道の道庁所在地で、行政、教育、文化の中心都市。面積206.25平方キロメートル。人口61万5804(2000)。東部の山岳地帯と西部の平野地帯が接する所に位置する。農産物の集散地および商業都市の機能をもって発展してきたが、1980年代には八福洞に工業団地が造成されて、繊維、食品、機械工業が発達している。8本の国道、湖南高速道路、鉄道(全羅線)が集中する交通の要地である。全北大学校、全州大学、全州教育大学がある。 基 柱]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

全州の関連キーワードニコラウス(スイスの聖人)モリツ ロイエンベルガーウンターワルデン[州]マンギョン(万頃)江スイス連邦議会議事堂民主派[オランダ]バジリカータ[州]デラウェア[州]ブリュッセル同盟バーモント[州]キム ヨングン豪州の電力事業ワン キチュン勝者総取り方式分離同盟戦争森田 定子チョンジュケットの乱金 英権李朝実録

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全州の関連情報