コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八千穂 やちほ

2件 の用語解説(八千穂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八千穂
やちほ

長野県東部,佐久穂町南西部の旧村域。八ヶ岳連峰の東斜面にある。 1956年畑八 (はたや) 村と穂積 (ほづみ) 村が合体して八千穂村が成立。村名は2村の名と千曲川から1字ずつをとった造語。 2005年佐久町と合体して佐久穂町となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八千穂
やちほ

長野県中東部、南佐久(みなみさく)郡にあった旧村名(八千穂村(むら))。現在は佐久穂(さくほ)町の南西部を占める。旧八千穂村は1956年(昭和31)畑八(はたや)、穂積(ほづみ)の2村が合併して成立。2005年(平成17)佐久町と合併し佐久穂町となった。旧村域は佐久盆地の南端、千曲(ちくま)川の谷が狭まる部分にあたり、川沿いにわずかな平地がある。西部は八ヶ岳(やつがたけ)連峰の裾野(すその)で、カラマツ、シラビソ、コメツガなどの樹林が多く、八千穂高原とよばれる。白駒(しらこま)池では12月初旬からスケートができる。別荘地の開発も進んでいる。茅野(ちの)市との境にある麦草(むぎくさ)峠には八ヶ岳を横断する国道299号(冬季閉鎖)が通じる。奥村土牛記念美術館がある。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八千穂の関連キーワード長野県南佐久郡佐久穂町大日向長野県南佐久郡佐久穂町海瀬長野県南佐久郡佐久穂町上長野県南佐久郡佐久穂町千代里長野県南佐久郡佐久穂町畑長野県南佐久郡佐久穂町平林長野県南佐久郡佐久穂町穂積長野県南佐久郡佐久穂町八郡長野県南佐久郡佐久穂町宿岩長野県南佐久郡佐久穂町余地

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八千穂の関連情報