コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八千穂 やちほ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八千穂
やちほ

長野県東部,佐久穂町南西部の旧村域。八ヶ岳連峰の東斜面にある。 1956年畑八 (はたや) 村と穂積 (ほづみ) 村が合体して八千穂村が成立。村名は2村の名と千曲川から1字ずつをとった造語。 2005年佐久町と合体して佐久穂町となった。山麓を流れる千曲川沿いで,米作のほか,花卉や高冷地野菜の栽培が行なわれる。標高 1100~1600mの八千穂高原には別荘地や人造湖,自然園などがあり,八ヶ岳を横断する麦草峠付近にはシラビソコメツガなどの原始林があって,ともに夏季は観光・避暑客でにぎわう。一部は八ヶ岳中信高原国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八千穂
やちほ

長野県中東部、南佐久(みなみさく)郡にあった旧村名(八千穂村(むら))。現在は佐久穂(さくほ)町の南西部を占める。旧八千穂村は1956年(昭和31)畑八(はたや)、穂積(ほづみ)の2村が合併して成立。2005年(平成17)佐久町と合併し佐久穂町となった。旧村域は佐久盆地の南端、千曲(ちくま)川の谷が狭まる部分にあたり、川沿いにわずかな平地がある。西部は八ヶ岳(やつがたけ)連峰の裾野(すその)で、カラマツ、シラビソ、コメツガなどの樹林が多く、八千穂高原とよばれる。白駒(しらこま)池では12月初旬からスケートができる。別荘地の開発も進んでいる。茅野(ちの)市との境にある麦草(むぎくさ)峠には八ヶ岳を横断する国道299号(冬季閉鎖)が通じる。奥村土牛記念美術館がある。[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

八千穂の関連キーワード長野県南佐久郡佐久穂町八郡長野県南佐久郡佐久穂町奥村土牛記念美術館佐久穂[町]佐久穂(町)黒沢 鷹次郎八千穂[村]黒沢鷹次郎蘆辺田鶴丸丸山亜寿果

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android