コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八宝菜 ハッポウサイ

百科事典マイペディアの解説

八宝菜【はっぽうさい】

中国料理の一種。8種の材料を配合した料理の意で,干しナマコ,エビ,キクラゲ,シイタケ,鶏肉たけのこネギエンドウなどを材料とし,いため煮して調味し,片栗粉でとろみをつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

はっぽうさい【八宝菜】

中国料理の一つ。八宝とは8種のよい材料の意。8種に限らず、豚肉・鶏肉・えび・いか・あわびなどと数種の野菜を炒め合わせ、スープを加え、塩・しょうゆ・酒などで調味し、水溶き片栗粉でとろみをつけたもの。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

はっぽうさい【八宝菜】

中国料理の一。豚肉・海老えび・野菜・乾物などを数種取り合わせて炒め煮にし、汁にとろみをつけたもの。パーポーツァイ。パーパオツァイ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八宝菜
はっぽうさい / パーパオツァイ

中国料理の炒菜(チャオツァイ)(炒(いた)め料理)の一種。八宝(パーパオ)とは8種の好材料の意であるが、8種に限らず、どれが主材料ということのない、いろいろの材料を用いた炒め料理で、日本でいえば、五目炒めのようなものである。たとえば、豚肉、海参(ハイシェン)(干しなまこ)のもどしたもの、鶏肉、アワビ、タケノコ、シイタケ、ハクサイ、サヤエンドウなどに、季節の野菜を炒め合わせて、塩、しょうゆ、酒などで味つけする。これにスープをすこし加えて、かたくり粉の薄い水溶きを入れて濃度をつけ、温かいところを供する。チャプスイ(雑砕)とよく似ているが、一般にチャプスイよりも好材料を用いるので、チャプスイは筵席(イエンシー)(宴会席)には供しないが、八宝菜は筵席の献立の本菜としても用いる。[野村万千代]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

八宝菜の関連キーワードウズラのたまごチャプスイ中国料理ハクサイ炒め煮乾物

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八宝菜の関連情報