コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八幡惣町 やわたそうまち

1件 の用語解説(八幡惣町の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

八幡惣町【やわたそうまち】

山城国綴喜(つづき)郡の,石清水(いわしみず)八幡宮が鎮座する男山の麓に形成された門前町鳥居前町)。現在の京都府八幡市の旧市街部にあたる。八幡町ともいった。町場形成の端緒(市の発生)は11世紀にさかのぼり,鎌倉時代中期には麹売買などの活動が確認できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の八幡惣町の言及

【八幡[市]】より

…町場の形成は平安末期から始まり,中世には神人(じにん)の座のほかに絹座,紺座,軽物座など多数の商人の座が成立していた。男山山麓の北と東に形成された門前町の八幡町(八幡惣町)は科手(しなで),常盤(ときわ),山路,金振(かなぶり)の4郷(内四郷)からなり,東に広がる川口など外四郷とあわせて八幡八郷とも八幡荘とも呼ばれた。1600年(慶長5)には八幡惣町は総家数1085,そのほか八幡宮の山下寺庵が130あり,江戸後期に至ってもさほど増加はみられない。…

※「八幡惣町」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone