八瀬童子(読み)ヤセドウジ

世界大百科事典 第2版の解説

やせどうじ【八瀬童子】

京都北方の八瀬里(現,京都市左京区八瀬)の住民古称。八瀬里は京都から大原,朽木を経て若狭,越前に通ずる街道筋にあり,比叡山延暦寺の京都側からの登山口で,11世紀には延暦寺青蓮院(しようれんいん)門跡領の荘園だった。住民は八瀬童子とよばれ,延暦寺に従属する一方,朝廷にも駕輿丁(かよちよう)として奉仕し,課役免除の特権が認められていた。そのことを示す1336年(延元1∥建武3)の後醍醐天皇綸旨(りんじ)が存在する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やせどうじ【八瀬童子】

朝廷の儀式などで、比叡山西麓の八瀬より召される牛飼童、また、駕輿丁かよちようの称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八瀬童子の関連情報