コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公有地政策 こうゆうちせいさくpublic land policy

世界大百科事典 第2版の解説

こうゆうちせいさく【公有地政策 public land policy】

アメリカ合衆国の連邦政府所有地を公有地といい,その管理,運営,処分に関する政策を総称して公有地政策という。合衆国の国土は,独立以前にイギリスの植民地であった大西洋岸諸州を除き,ほとんどが一度は公有地であったし,今日でも国土の約3分の1は公有地である。また,アメリカの歴史は西部開拓の歴史でもあるが,開拓の進展を左右し,開拓後につくられる社会の形態を決定するうえで,公有地処分の方法は大きな影響を与えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

公有地政策の関連キーワードジェファソン(Thomas Jefferson)西部開拓史

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android