コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公開講座 コウカイコウザ

2件 の用語解説(公開講座の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうかい‐こうざ〔‐カウザ〕【公開講座】

大学などで、一般の人にも開放された講座。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公開講座
こうかいこうざ

大学などで、地域の住民など一般の人に対して提供される生涯学習の場。オープンカレッジやエクステンション講座ともいう。大学、公民館図書館博物館、公立の研究所、放送を利用した大学講座など、多くの施設でさまざまな公開講座が開設されている。また、民間のカルチャースクールやスポーツジム、企業などが、公開講座と銘打って学びの場を開設する場合もある。
 公開講座設置の動きは、文部省(現、文部科学省)が1973年度(昭和48)に成人教育の振興を図る研究を開始したことに始まる。その後、1976年度に大学が組織的に公開講座を開設できるようになった。翌1977年度からは、成人大学講座の設置に対して国からの補助が受けられるようになり、公開講座を開設する動きが全国的に広がった。以降、人口の高齢化が社会問題となるなかで、高齢者の学習活動や人材活用事業をはじめ、介護や福祉におけるボランティア養成などの公開講座が盛んに開設されるようになった。さらに大規模公開オンライン講座MOOCs(ムークス)が開設されるなど、インターネット環境が整っていれば、世界中の大学の開講科目を簡単に受講できるようになった。従来の公開講座には、履修を記録する仕組みがないため、履修証明制度を創設して、単位や資格の取得に役だてる新たな活用促進の取り組みも進んでいる。
 文部科学省によれば、ほとんどの大学や短期大学で公開講座が開かれており、公開講座専門の部署を学内に設置している大学が6割を超えている。2011年度(平成23)に大学と短期大学によって開設された公開講座数は約3万7000で、総受講者数は約140万人であった。実施された講座の内容は、人文教養系、語学系、育児・医療・福祉系の3分野で全体の6割近くを占めており、人気が高かったのは人文教養系、育児・医療・福祉系、芸術系、社会問題系、地域課題解決系などの分野であった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

公開講座の関連情報