コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六方衆 ろっぽうしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六方衆
ろっぽうしゅう

六方大衆,六方衆徒,方衆ともいう。興福寺の僧衆のこと。興福寺では六方の子院 (戌亥,丑寅,辰巳,未申,竜花院,菩提院) の僧侶をいった。特に鎌倉~室町時代,末寺を分有し,各方の僧に武器を装備させ,軍事,警察権を行使した。 (→僧兵 , 衆徒 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ろっぽう‐しゅう〔ロクパウ‐〕【六方衆】

中世、奈良興福寺の僧兵。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろっぽうしゅう【六方衆】

中世、興福寺の僧兵。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六方衆
ろっぽうしゅう

平安末以後、奈良興福寺衆徒(しゅと)を構成していた、大和(やまと)国一円の興福寺末寺の衆徒をいう。『大乗院寺社雑事(ぞうじ)記』によれば、戌亥(いぬい)方(北西)の當麻寺(たいまでら)など8か寺、丑寅(うしとら)方(北東)の富貴寺(ふきじ)など7か寺、辰巳(たつみ)方(南東)の明王寺など2か寺、菩提(ぼだい)院方の海住山寺(かいじゅうせんじ)など14か寺、龍花(りゅうげ)院方の長谷寺(はせでら)など10か寺、そして未申(ひつじさる)方(南西)は寺名伝わらず、以上六方の衆徒をさす。東西金堂衆などとともに興福寺衆徒として強訴(ごうそ)などした。[木内曉央]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

六方衆の関連キーワード衆徒(しゅと)古市澄胤中世