コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共同変動相場制 きょうどうへんどうそうばせい joint float

2件 の用語解説(共同変動相場制の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共同変動相場制
きょうどうへんどうそうばせい
joint float

一つの経済圏を形成している諸国が,域内通貨間では特定の為替レート変動幅を維持しつつ,ドルを中心とする域外通貨に対しては共同してレートを変動させる制度をいう。 1973年初めにドル売り投機を中心とする通貨危機の中で,EC諸国は共同変動相場制に移行した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

共同変動相場制
きょうどうへんどうそうばせい
joint float

共同フロートともいい、貨幣ブロックを形成している諸国が、域内では固定相場制をとりながら、域外に対しては共同して為替(かわせ)相場を変動させる制度をいう。1973年2月から3月にかけて起こった通貨不安の際に、EC通貨同盟加盟国のうちイギリス、イタリア、アイルランドを除く旧西ドイツ、デンマーク、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、フランス6か国と準加盟国であるスウェーデン、ノルウェーの計8か国がこの制度を採用した。すなわち、域内では縮小変動幅(基準交換レートの上下2.25%)を維持しながら、ドルに対しては共同で変動することにした。為替相場の変動のありさまがヘビの動きに似ているのでスネークともよばれる。ところで、その後も通貨不安は収まらず、為替投機によってこの制度はしばしば重大な脅威にさらされ、マルクは再三切り上げられ、フランス・フランは再度にわたって離脱した。このような状況下、共同フロートの強化を図るため、79年に域内における為替相場の変動幅を一定の枠内(当初は基準交換レートの上下2.25%、93年8月以降は15%)に維持することを義務づけたヨーロッパ通貨制度(EMS)が設立され、ヨーロッパ通貨単位(ECU(エキュ))、為替相場機構(ERM)が導入された。その後92年に単一通貨の発行スケジュールが盛り込まれたマーストリヒト条約(ヨーロッパ連合条約)が調印され、99年には決済通貨として単一通貨ユーロが導入されるに至った。[土屋六郎]
『土屋六郎著『変動相場制』(1980・中央大学出版部) ▽今宮謙二著『変動相場制と国際通貨』(1991・新日本出版社) ▽石見徹著『国際通貨・金融システムの歴史』(1995・有斐閣) ▽平勝広著『最終決済なき国際通貨制度――「通貨の商品化」と変動相場制の帰結』(2001・日本経済評論社) ▽白井早由里著『入門 現代の国際金融――検証 経済危機と為替制度』(2002・東洋経済新報社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共同変動相場制の関連キーワード円ブロック環太平洋経済圏構想経済ブロック単一物四つの蛇アクチンフィラメント菌塊法胚発生環太平洋経済連携協定(TPP=Trans―Pacific Partnership)江戸地回り経済

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone