コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共沈(読み)キョウチン

百科事典マイペディアの解説

共沈【きょうちん】

化学的性質の似た元素が共存している場合,そのうちのある種の物質を沈殿・分離させようとすると,単独では沈殿しないはずの他の物質が前者に伴って沈殿する現象。たとえば塩化バリウム溶液に硫酸カリウム溶液を加えると,硫酸バリウムの沈殿とともに多量の硫酸カリウムが共沈する。沈殿や結晶に不純物が混じる原因にもなるが,逆にこれを積極的に利用して微量元素の分離,濃縮などに用いられる(共沈法)。共沈用の沈殿物として添加される物質を担体という。
→関連項目沈殿

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうちん【共沈 co‐precipitation】

沈殿が生成する際に,沈殿の主(成分)物質以外に,単独にあれば沈殿しないはずの他の物質が,あたかも主物質の沈殿生成に誘発されたかのように,主物質の沈殿とともに沈殿する現象を,共沈または共同沈殿という。たとえば,硫酸バリウムBaSO4は水に対して難溶性の物質である。したがって塩化バリウムBaCl2や硝酸バリウムBa(NO3)2などのように水に可溶な物質の水溶液に,同様に水に可溶な硫酸カリウムK2SO4のような硫酸イオンSO42-を含む水溶液を加えると,バリウムイオンBa2+とSO42-とは選択的に作用し合って,BaSO4を生成し,沈殿する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうちん【共沈】

溶液中で、単独にあれば沈殿しない物質が、他の物質が沈殿するのに誘発されて、いっしょに沈殿する現象。共同沈殿。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android