コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共沈 キョウチン

5件 の用語解説(共沈の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょう‐ちん【共沈】

水溶液中で、ある物質が沈殿するときに、単独では沈殿しない他の物質も誘発されてともに沈殿すること。微量物質の分離・濃縮などに利用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

共沈【きょうちん】

化学的性質の似た元素が共存している場合,そのうちのある種の物質を沈殿・分離させようとすると,単独では沈殿しないはずの他の物質が前者に伴って沈殿する現象。たとえば塩化バリウム溶液に硫酸カリウム溶液を加えると,硫酸バリウムの沈殿とともに多量の硫酸カリウムが共沈する。
→関連項目沈殿

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

共沈

 →共沈殿

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きょうちん【共沈 co‐precipitation】

沈殿が生成する際に,沈殿の主(成分)物質以外に,単独にあれば沈殿しないはずの他の物質が,あたかも主物質の沈殿生成に誘発されたかのように,主物質の沈殿とともに沈殿する現象を,共沈または共同沈殿という。たとえば,硫酸バリウムBaSO4は水に対して難溶性の物質である。したがって塩化バリウムBaCl2や硝酸バリウムBa(NO3)2などのように水に可溶な物質の水溶液に,同様に水に可溶な硫酸カリウムK2SO4のような硫酸イオンSO42-を含む水溶液を加えると,バリウムイオンBa2+とSO42-とは選択的に作用し合って,BaSO4を生成し,沈殿する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きょうちん【共沈】

溶液中で、単独にあれば沈殿しない物質が、他の物質が沈殿するのに誘発されて、いっしょに沈殿する現象。共同沈殿。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共沈の関連キーワード凝集沈殿法沈殿池酒石沈殿剤沈殿岩おり共沈殿超沈殿沈殿物粒間沈殿物質

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone