コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵士シュベイクの冒険 へいしシュベイクのぼうけんOsudy dobrého vojáka Švejka za světové války

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兵士シュベイクの冒険
へいしシュベイクのぼうけん
Osudy dobrého vojáka Švejka za světové války

チェコの小説家ヤロスラフ・ハシェクのユーモア反戦小説。1921年から 1923年の作者の死まで書き続けられた長編。未完。1923年刊。一見愚鈍にみえるが健全な理性をもつ二等兵シュベイクが,上官の命令を忠実に守ることによって戦争の愚かしさを浮き彫りにする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

へいしシュベイクのぼうけん【兵士シュベイクの冒険】

原題、〈チェコOsudy dobrého vojáka Švejka za světové válkyハシェクの長編小説。未完。1923年刊。原題は「善良なる兵士シュベイクの世界戦争中の運命」の意で、オーストリア支配下のチェコを舞台とする反戦風刺小説。ブレヒトが本作をもとに戯曲「第二次大戦のシュベイク」を書いている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

兵士シュベイクの冒険
へいししゅべいくのぼうけん
Osudy dobrho vojka vejka za svtov vlky

チェコスロバキアの作家ハシェクの長編小説。1921~23年作。原題は『よき兵士シュベイクの世界戦争中の運命』。オーストリアの支配下にあったチェコで、低能と判定された主人公シュベイクは一兵士として召集されるが、徹底した順応主義、無抵抗主義と持ち前の弁舌で、数多くの難関を切り抜ける。基本的には一種の受難物語であるが、軍隊組織や官僚制度を極度に風刺、愚弄(ぐろう)した内容で、主人公によるまったく愚直な態度での権威の肯定が、そのまま権威を否定する効果を得る。民衆的知恵と抵抗精神を描くこの作品は、文章も多彩で、ユーモアと生気に富むことで知られている。[飯島 周]
『栗栖継訳『兵士シュヴェイクの冒険』全四冊(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

兵士シュベイクの冒険の関連キーワードヤロスラフ ハシェクチェコスロバキアピスカートル吉田 隆子チェコ文学ラダ

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android