コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冀東防共自治政府 きとうぼうきょうじちせいふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冀東防共自治政府
きとうぼうきょうじちせいふ

日本の関東軍が中国の河北省 (冀) 東部につくった傀儡 (かいらい) 政権。 1935年 11月 25日冀東防共自治委員会が成立し,12月 25日冀東防共自治政府と改称。管轄地域は塘沽 (タンクー) 停戦協定による非戦区 18県を含む 22県で,人口は約 600万,首都通州,政務長官は殷汝耕で,五色旗を掲げた。日本品の密輸入を公認し,36年輸入港4ヵ所を指定し低関税を実施した (冀東貿易) 。このような日本の露骨な収奪に対して抗日機運はますます高まり,日中戦争開始直後,通州保安隊による日本人虐殺事件が発生。通州事件後,首都は府山に移ったが,38年2月1日北京の中華民国臨時政府に合流して解消した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

冀東防共自治政府【きとうぼうきょうじちせいふ】

1935年―1938年,中国河北省東部にあった日本の傀儡(かいらい)政権。冀は河北省の略。1935年11月に殷汝耕(いんじょこう)が日本の関東軍と結んで中央離脱をとなえ,冀東22県と察(チャハル省)3県を管轄する冀東防共自治委員会の樹立を宣言,同年12月に冀東防共自治政府と改称して政務長官の地位についた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きとうぼうきょうじちせいふ【冀東防共自治政府】

日本軍が1935年に中国の河北省東部の非武装地帯を中心に作らせた傀儡(かいらい)政権。冀は河北省の略。この年日本は華北工作を推進したが,塘沽(タンクー)停戦協定による非武装地帯(戦区)は,日本軍が画策する絶好の舞台となった。中国国民政府が11月に幣制改革を断行すると,日本軍はこれに対抗して華北〈自治〉の強行をもくろんだが成功せず,日本に接近して勢力をのばした戦区督察専員の殷汝耕(妻は日本人)に働きかけて11月25日に冀東防共自治委員会の樹立を宣言させ,五色旗を掲げた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きとうぼうきょうじちせいふ【冀東防共自治政府】

〔「冀」は河北省のこと〕
1935~38年、中国河北省東部にあった日本の傀儡かいらい政権。首都は通州、長官は殷汝耕いんじよこう。日本商品の密貿易の窓口となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の冀東防共自治政府の言及

【華北工作】より

…11月には親日派の汪兆銘外交部長が狙撃されて下野し,その直後に国民政府はイギリス人財政家リース・ロスF.W.Leith‐Rossの援助で幣制改革を成功させ,中国の経済的統一を促進した。日本軍は華北の軍閥をとりこもうとしたが成功せず,悪評高い殷汝耕を主席に11月に非武装地帯を中心に冀東防共自治委員会(12月,冀東防共自治政府と改称)を作らせた。国民政府は殷を国賊として逮捕令を出したが,日本との衝突をさけるため12月に河北・察哈爾両省と北平(北京),天津両市を管轄する冀察政務委員会を作り,第29軍長の宋哲元を委員長とした。…

※「冀東防共自治政府」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

冀東防共自治政府の関連キーワード冀察政務委員会一二・九運動土肥原 賢二南京国民政府盧溝橋事件河北(省)傀儡政権冀東政権密貿易