内論議(読み)ウチロンギ

デジタル大辞泉の解説

うち‐ろんぎ【内論議】

朝廷の年中行事の一。正月14日の御斎会(ごさいえ)結願(けちがん)の日、高僧を召して、天皇の御前最勝王経などの経文経書の意義を論争させたこと。また、8月の釈奠(せきてん)の翌日にも博士による論議が行われた。ないろんぎ。

ない‐ろんぎ【内論議】

うちろんぎ(内論議)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うちろんぎ【内論議】

朝廷の年中行事の一。正月14日御斎会ごさいえ結願けちがんの日、大極殿の天皇の御前で行われた論議。問者・講師の役を定めて経文の意義を論争させた。ないろんぎ。

ないろんぎ【内論議】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うち‐ろんぎ【内論議】

〘名〙 朝廷の年中行事の一つ。正月一四日の御斎会(ごさいえ)の結願(けちがん)の日や五月吉日の最勝講に、高僧を召して、問者・講師の役を定め、天皇の御前で最勝王経の経文の意義を論争させたこと。初めは大極殿、後には清涼殿で行なわれた。また、八月の釈奠(せきてん・しゃくてん)の翌日、紫宸殿に博士を召して釈奠の内論議がある。平安時代、貴族の私邸で行なわれたこともある。
※延喜式(927)三八「八月釈奠明日内論義」
※小右記‐天元五年(982)正月一四日「依御物忌南殿東廂内論議事云々」

ない‐ろんぎ【内論議】

〘名〙 朝廷の行事として、高僧を殿上に召し、天皇の前で最勝王経の経文の意義を論争させたこと。一月一四日の御斎会(ごさいえ)結願(けちがん)の日に行なうのを例とした。→うちろんぎ(内論議)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内論議の関連情報