コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再度山 ふたたびさん

4件 の用語解説(再度山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

再度山
ふたたびさん

兵庫県神戸市,六甲山地の前山の1つ。中央区と北区の堺,摩耶山の西に位置する。標高 468m。山頂付近に大竜寺があり,弘法大師が入唐の際,求法の成功を祈願し,帰朝後,成就を謝すため再度登ったのが山名の由来。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふたたびさん【再度山】

兵庫県神戸市の都心部の背後にある六甲山地の一峰。標高468m。瀬戸内海国立公園に含まれる。古くは多々部(たたべ)山と呼ばれた。山腹に和気清麻呂創建と伝える真言宗の大竜寺があり,山名は弘法大師が入唐の前に登山して求法の成功を祈願し,帰朝後,願ほどきのため再度この山に登ったことに由来するという。市街地に近く,ハイキングや花見で市民に親しまれ,ドライブウェーが通じる。山の北側には神戸市立森林植物園,外国人2500人を葬る修法ヶ原外人墓地などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕再度山(ふたたびさん)


神戸市街地の背後に連なる六甲(ろっこう)山地西部の山。標高470m。山頂付近にある大竜(だいりゅう)寺は弘法(こうぼう)大師ゆかりの寺。南東麓(なんとうろく)に布引(ぬのびき)の滝で著名な布引公園、山頂北側に再度公園がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

再度山
ふたたびさん

神戸市中央部、中央区と北区の境界にある六甲(ろっこう)山地の山。標高470メートル。瀬戸内海国立公園域で、一帯は再度公園として、散歩道、池などが整備され、都心に近いレクリエーションの場となっている。山頂近くの修法(しほ)ヶ原には外人墓地があり、約2500人が眠っている。2007年(平成19)に「再度公園・再度山永久植生保存地・神戸外国人墓地」の名称で国の名勝に指定された。JR東海道本線三ノ宮駅からバス便がある。[藤岡ひろ子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

再度山の関連キーワード摩耶山六甲山フィールド・アスレチック六甲山牧場兵庫県神戸市北区唐櫃六甲台兵庫県神戸市北区兵庫県神戸市中央区京町兵庫県神戸市灘区八幡町兵庫県神戸市灘区六甲山町兵庫県神戸市灘区六甲台町兵庫県神戸市灘区六甲町

再度山の関連情報