再生産表式(読み)さいせいさんひょうしき(英語表記)reproduction scheme

  • さいせいさんひょうしき ‥ヘウシキ
  • さいせいさんひょうしき〔ヘウシキ〕
  • ドイツ
  • 再生産表式 Schema der Reproduktion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資本論』第2巻,第 20~21章において展開されている資本主義社会における社会的総資本再生産進行を理論的に抽象した計数表式。 K.マルクスは再生産過程を,同一規模での生産の反復である単純再生産と,資本が蓄積され,生産が拡大する拡大再生産とに区分し,それぞれの場合における均衡条件を再生産表式によってとらえようとした。再生産表式は社会的総資本を生産手段生産部門と消費財生産部門に2分し,それぞれにおける不変資本・可変資本および剰余価値運動をとらえる形で構成されている。単純再生産においては,生産手段生産部門で生産された可変資本および剰余価値総額が消費財生産部門で消費された不変資本価値額に等しく,拡大再生産の場合は,生産手段生産部門での可変資本,剰余価値総額が消費財生産部門で消費された不変資本より大きくなければならない,という2つの均衡条件が示されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マルクスが資本制経済の再生産の仕組みを,(1)生産部門を生産手段生産部門(第1部門)と消費手段生産部門(第2部門)に分割し,(2)各部門の生産物価値(W)を不変資本(C)(不変資本・可変資本),可変資本(V)および剰余価値(M)からなるものとして表示したのが再生産表式である。再生産が単純再生産と拡大再生産に分かれるのに対応して,再生産表式も単純再生産表式と拡大再生産表式とに分かれる。 単純再生産は生産規模不変の再生産であって,そこでは剰余価値はすべて資本家の個人的消費にあてられ,蓄積はゼロである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

マルクスが展開した経済循環を表す図式。社会的総資本の再生産の構造と過程を解明したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 マルクスがケネーの「経済表」を分析し、資本主義経済のもとで再生産過程がいかにして行なわれるかを示した図式。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の再生産表式の言及

【経済循環】より

…彼の試みは,その後の経済学を貫く思潮の一つとなり,現代にまで受け継がれている。とりわけ経済表として1枚の図表に経済活動の全貌を集約して表現しようとした彼の着想は,マルクスの再生産表式やレオンチエフの産業連関表として結実し,経済学上有力な分析用具を提供する結果となった。 現代の国民経済の循環構造を具体的にとらえる手法としては,上記の産業連関表のほかに,国民経済計算資金循環表(マネー・フロー表)があげられる。…

【ケネー】より

…経済学上の著作活動は,ディドロとダランベールの編集した《アンシクロペディー(百科全書)》に寄稿した〈借地農論〉(1756)と〈穀物論〉(1757)にはじまる。とくに〈経済表〉は,ケネーの経済思想の核心をなしており,後世の経済学者から経済循環図式,再生産表式産業連関表の原型であると高く評価された。ケネーは,農業だけが〈純生産物produit net〉を産出し,製造業は土地の生産物に加工し,製品に仕上げるだけだから,資本その他の資源をできるだけ多く農業に配分することが,当時のフランス経済と財政の再建に必要だと考えた。…

【再生産】より

…こうして貨幣の投下と回収を通ずる資本価値の循環運動のなかに,労働生産物の生産財および消費財としての分配が行われ,それによって資本と賃労働との間の階級関係も再生産されることになる。 こうした資本主義の再生産を〈社会的総資本の流通〉に即して考察し,流通という媒介運動のなかに内包されている再生産の条件を明らかにしたのが,K.マルクスの再生産表式Schema der Reproduktionである。マルクスは,総商品の価値構成と素材構成との相互の関連のなかに再生産の基本条件を見いだすため,単純再生産表式と拡大再生産表式の二つの再生産表式を作成することになったが,これについては〈再生産表式〉の項を参照されたい。…

【資本論】より

…第2は,資本の回転。第3は,社会的総資本の再生産(循環)を媒介する総商品資本の流通の構造,いわゆる再生産表式の問題,である。
[流通費の問題――第1編]
 ここでは生産費に対する流通費のことが語られる。…

※「再生産表式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android