コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出流原遺跡 いずるはらいせき

世界大百科事典 第2版の解説

いずるはらいせき【出流原遺跡】

栃木県佐野市出流原にある弥生時代中期の共同墓地。足尾山地の最南端に位置した標高195m,比高60mの低台地上にある。縄文土器の包含地として知られたが,1964,65年の3回の発掘調査の結果,34m四方の範囲に径1m前後の土壙が計37個発見され,未発掘地の分まで加えると40個を超えると推定される。土壙には土器が1~11個埋置されたものがあり,11個の土器を入れた11号土壙では,小型の人面付壺が含まれていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出流原遺跡
いずるはらいせき

栃木県佐野市出流原町にある弥生(やよい)時代中期の再葬墓群遺跡。明治大学と佐野市教育委員会との共催で、1964年(昭和39)から発掘調査が行われ、南関東地方の弥生時代中期前半に編年される須和田(すわだ)式土器を主体とする弥生土器を埋納した大小37個の土壙(どこう)が検出された。このうち、土器に人骨を納めたものが4例、碧玉(へきぎょく)製管玉(くだたま)を副葬したもの14例、石鏃(せきぞく)を副葬したもの3例があり、特異な遺物である顔面付土器もみられた。これらのことから本遺跡は茨城県女方(おざかた)遺跡や千葉県天神前遺跡と同様に、遺骸(いがい)を洗骨した後に土器に入れてふたたび埋葬し直す再葬墓の共同墓地であることが確認された。しかし、他の遺跡と同様に墓地を造営した人々の集落跡は発見されていない。[竹沢 謙]
『杉原荘介著『栃木県出流原における弥生時代の再葬墓群』(1981・明治大学)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android