処方薬依存症(読み)しょほうやくいぞんしょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

処方薬依存症
しょほうやくいぞんしょう

医師から処方される薬の服用量が増えることによってもたらされる薬物依存症状。ストレスなどが原因となる不眠や不安などに対して医師が処方する睡眠薬や抗不安薬を常用しているうちに、やがて服用しても効能を感じなくなって使用量が増えていく。さらに過剰摂取が続くうちに依存性が高まってついには乱用を繰り返すに至り、自分の意思では服用を中止できなくなる。極度の依存症に陥ると、突然眠ってしまう、記憶を失ってしまうなど、日常生活や仕事に支障をきたすようになる。複数の医療機関や診療科を受診して薬を処方されるうちに、過剰摂取から乱用につながることも多く、薬を求めてさらに別の医療機関へと受診を繰り返すケースや、依存性の高い市販薬を併用するケースもある。近年では精神的ストレスから極度の睡眠薬依存に陥った医療従事者(看護助手)が、勤務先の病院に侵入して睡眠薬を盗もうとする事件も発生した。また精神科では、精神障害者に処方される向精神薬への依存も治療に伴う副作用として問題となっている。
 2010年(平成22)の国立精神・神経医療研究センターによる調査では、全国の精神科医療機関の患者が使用していた薬物は、覚醒(かくせい)剤に次いで睡眠薬・抗不安薬が2位である。こうした処方薬依存症への対策として、薬物に含まれる成分についても見直しが行われており、睡眠薬では、依存性や毒性の高いバルビツール酸系から、非バルビツール酸系やさらに依存性の低い薬物への移行が進められている。また、エフェドリンやコデインといった覚醒剤や麻薬の成分を含み乱用が社会問題化した一部の咳(せき)どめ薬も、成分が調整されたことで依存性は低下している。これまで薬物依存を引き起こす過剰服薬を予防するための明確な指針はなかったが、近年になってとくに複数の薬を長期間服用している患者に対して、処方薬依存のリスクを示し注意をうながす病院も出てきた。薬をいつも携行していないと不安を感じる人や、飲み忘れて眠れなかった経験から、飲まなければ眠れないと不安を感じている人などは要注意とされる。医師による安易な睡眠薬の処方も見直される傾向にあり、減薬を目的に体の緊張を解くリラクゼーション法や、就寝時間を記録・管理して行う認知行動療法、さらに服薬について互いに話しあう集団精神療法など、投薬に頼らない不眠症治療も試みられている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

しょほうやく‐いそんしょう〔シヨハウヤクイソンシヤウ〕【処方薬依存症】

医師から処方される薬によって引き起こされる薬物依存症

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android