コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時化 シケ

3件 の用語解説(時化の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しけ【時化】

《動詞「しけ(時化)る」の連用形から》
風雨のために海が荒れること。「時化で出港できない」⇔凪(なぎ)
海が荒れて不漁であること。「時化のため入荷が少ない」
興行などで客の入りが悪いこと。また、商売が思わしくないこと。不景気

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しけ【時化】

〔「時化」は当て字〕
風雨のため海が荒れること。 ↔ なぎ
(海が荒れて)魚がとれないこと。不漁。 「 -で魚の値が上がる」
(興行物などの)客の入りが悪いこと。また、商品などの売れゆきが悪いこと。不景気。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

時化
しけ

強い風のために、海面が荒れている状態。波高が4メートル以上の場合をいうことが多い。風と高波のほかに、しばしば雨、雪、悪視程などを伴い、船の航行や操業が著しく妨げられる。時化は、(1)台風、(2)発達した低気圧、(3)冬の強い季節風などによっておこる。(2)と(3)の場合は、時化の海域が非常に広範囲に及び、かつ継続時間が何日間にもわたることがある。気象庁は、東経100~180度、赤道~北緯60度の範囲の海域の海上警報を国際的に分担するほか、近海をいくつかに分けて、それぞれの海域に対し最寄り海洋気象台やおもな気象台が海上警報を行っている。[平塚和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

時化の関連キーワード阿礼謂れ止し成る可く交い崩え時化く削ぎ綜麻

時化の関連情報