コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凹レンズ おうレンズconcave lens

デジタル大辞泉の解説

おう‐レンズ〔アフ‐〕【凹レンズ】

中央部が縁より薄いレンズ。光を発散させる働きがあり、近視用眼鏡などに使用。⇔凸レンズ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

凹レンズ【おうレンズ】

中央が縁より薄いレンズ。軸に平行光線は凹レンズを通った後,入射側にある軸上の一点(焦点)から出たように,広がってすすむ(発散)。凹レンズでできる像は常に正立虚像で,物体と同じ側にあり,レンズから物体,像,焦点までの距離をそれぞれa,b,fとすると,(式1)の関係がなりたつ。像と物体の大きさの比(倍率)はb/aに等しい。レンズの両面の形により,両凹,平凹,凸凹(メニスカス凹)の各種がある。→凸レンズ
→関連項目発散(物理)レンズ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

おうレンズ【凹レンズ】

中央部は薄く、周辺にいくほど厚くなっているレンズ。平行光線を発散する作用がある。近視用眼鏡や、凸レンズと組み合わせて光学器械に用いる。発散レンズ。 ⇔ 凸レンズ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

凹レンズ
おうれんず

中央部が周縁部よりも薄くなっている単レンズ。平行光線が凹レンズの軸に平行に入射すると、レンズの前方の焦点から発散してきた光線としてレンズから出射するので、発散レンズともいう。凹レンズの前方にある物体の像は、物体と同じ側に、物体よりも小さく、物体と同じ向きをもつ虚像である。これを見るには、凹レンズから出てくる光の中に目を置いて見ればよい。[三宅和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の凹レンズの言及

【レンズ】より

…特別な場合1面が平面のものもある。中央部が縁よりも厚いものを凸レンズ,その反対に中央部が縁よりも薄いものを凹レンズという。前者には光を集める性質,後者には発散させる性質がある。…

※「凹レンズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

凹レンズの関連情報