コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出だす イダス

2件 の用語解説(出だすの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いだ・す【出だす】

[動サ四]
内にあるものを外の方へ移す。
「帳のうちよりも―・さず、いつき養ふ」〈竹取
出発させる。
「暁に船を―・して」〈土佐
差し出す。提供する。
「宮の、五節(ごせち)―・させ給ふに」〈・九〇〉
新たに生じさせる。起こす。
「尊(みこと)また火を―・されたりければ」〈平家・一一〉
声に表す。歌ったり吟じたりする。また、表情などにだす。
「拍子とりて梅が枝(=催馬楽ノ曲名)―・したるほど」〈・梅枝〉
「色にも―・させ給はずなりぬるを」〈・桐壺〉
動詞の連用形に付いて複合語をつくる。
㋐その動作が外に向かって行われる意を表す。「言い出だす」「眺め出だす」など。
㋑その動作によって結果が外に現れるようにする意を表す。「作り出だす」「染め出だす」など。
㋒その動作が始まる意を表す。「走り出だす」「歌い出だす」など。→だす

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いだす【出だす】

( 動四 )
人や物を中から外へ移動させる。 「帳の内よりも-・さずいつき養ふ/竹取」
かげに隠れていたものを、表面に現れるようにする。目に見えるようにする。 「杯さかずきの皿に歌を書きて-・したり/伊勢 69」 「世の人聞きにこの事-・さじ、とせちにこめ給へど/源氏 行幸
それまでなかったものを、出現・発生させる。 「きのふ事-・したりし童わらわべ捕ふべし/大鏡 伊尹
声に出す。吟じる。 「高砂を、-・して謡ふ/源氏 賢木
動詞の連用形の下に付いて、複合動詞を作る。
中から外に向かって動作を行う意を表す。 「言い-・す」 「見-・す」
ある動作を開始するという意を表す。…し始める。 「走り-・す」 〔自動詞「出ず」に対する他動詞。口語では「だす」となる〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出だすの関連キーワード放出建す遣す伝える吐す準ずる突出す吐出す振出す農家以外の農業事業体

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

出だすの関連情報