コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出だす イダス

デジタル大辞泉の解説

いだ・す【出だす】

[動サ四]
内にあるものを外の方へ移す。
「帳のうちよりも―・さず、いつき養ふ」〈竹取
出発させる。
「暁に船を―・して」〈土佐
差し出す。提供する。
「宮の、五節(ごせち)―・させ給ふに」〈・九〇〉
新たに生じさせる。起こす。
「尊(みこと)また火を―・されたりければ」〈平家・一一〉
声に表す。歌ったり吟じたりする。また、表情などにだす。
「拍子とりて梅が枝(=催馬楽ノ曲名)―・したるほど」〈梅枝
「色にも―・させ給はずなりぬるを」〈桐壺
動詞の連用形に付いて複合語をつくる。
㋐その動作が外に向かって行われる意を表す。「言い出だす」「眺め出だす」など。
㋑その動作によって結果が外に現れるようにする意を表す。「作り出だす」「染め出だす」など。
㋒その動作が始まる意を表す。「走り出だす」「歌い出だす」など。→だす

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いだす【出だす】

( 動四 )
人や物を中から外へ移動させる。 「帳の内よりも-・さずいつき養ふ/竹取」
かげに隠れていたものを、表面に現れるようにする。目に見えるようにする。 「杯さかずきの皿に歌を書きて-・したり/伊勢 69」 「世の人聞きにこの事-・さじ、とせちにこめ給へど/源氏 行幸
それまでなかったものを、出現・発生させる。 「きのふ事-・したりし童わらわべ捕ふべし/大鏡 伊尹
声に出す。吟じる。 「高砂を、-・して謡ふ/源氏 賢木
動詞の連用形の下に付いて、複合動詞を作る。
中から外に向かって動作を行う意を表す。 「言い-・す」 「見-・す」
ある動作を開始するという意を表す。…し始める。 「走り-・す」 〔自動詞「出ず」に対する他動詞。口語では「だす」となる〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

出だすの関連キーワード掻き出だす・搔き出だす魏志倭人伝(読み下し)押し出だす木の道の工梅が枝連用形複合語動作拍子動詞忽如花香完実小腕見所活路一霞公儀

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出だすの関連情報