コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出だす イダス

2件 の用語解説(出だすの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いだ・す【出だす】

[動サ四]
内にあるものを外の方へ移す。
「帳のうちよりも―・さず、いつき養ふ」〈竹取
出発させる。
「暁に船を―・して」〈土佐
差し出す。提供する。
「宮の、五節(ごせち)―・させ給ふに」〈・九〇〉
新たに生じさせる。起こす。
「尊(みこと)また火を―・されたりければ」〈平家・一一〉
声に表す。歌ったり吟じたりする。また、表情などにだす。
「拍子とりて梅が枝(=催馬楽ノ曲名)―・したるほど」〈・梅枝〉
「色にも―・させ給はずなりぬるを」〈・桐壺〉
動詞の連用形に付いて複合語をつくる。
㋐その動作が外に向かって行われる意を表す。「言い出だす」「眺め出だす」など。
㋑その動作によって結果が外に現れるようにする意を表す。「作り出だす」「染め出だす」など。
㋒その動作が始まる意を表す。「走り出だす」「歌い出だす」など。→だす

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いだす【出だす】

( 動四 )
人や物を中から外へ移動させる。 「帳の内よりも-・さずいつき養ふ/竹取」
かげに隠れていたものを、表面に現れるようにする。目に見えるようにする。 「杯さかずきの皿に歌を書きて-・したり/伊勢 69」 「世の人聞きにこの事-・さじ、とせちにこめ給へど/源氏 行幸
それまでなかったものを、出現・発生させる。 「きのふ事-・したりし童わらわべ捕ふべし/大鏡 伊尹
声に出す。吟じる。 「高砂を、-・して謡ふ/源氏 賢木
動詞の連用形の下に付いて、複合動詞を作る。
中から外に向かって動作を行う意を表す。 「言い-・す」 「見-・す」
ある動作を開始するという意を表す。…し始める。 「走り-・す」 〔自動詞「出ず」に対する他動詞。口語では「だす」となる〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

出だすの関連情報