コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出雲玉作跡 いずもたまつくりあと

2件 の用語解説(出雲玉作跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出雲玉作跡
いずもたまつくりあと

島根県松江市にある古墳時代から平安時代にかけての玉類製造遺跡。中心に式内社玉造湯神社がある。勾玉管玉切子玉,丸玉など各種の玉類とともに,多数の未完成品や砥石などの製造用具が発見されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイドの解説

いずもたまつくりあと【出雲玉作跡】


島根県松江市玉湯町にある工房跡。玉造温泉街の北東約1kmのところ、碧玉(へきぎょく)などの原石の産出地として知られる花仙山(かせんざん)の南西麓にある。出雲玉作部の民が玉作りをしていたことは、『古語拾遺(こごしゅうい)』や『延喜式』などの文献から、古くから知られていた。生産遺跡として玉湯町の3ヵ所が1922年(大正11)に国の史跡に指定された。1969年(昭和44)と1971年(昭和46)に発掘調査が行われ、約30棟の玉作り工房跡が発掘された。出土した多量の遺物から、古墳時代前期から平安時代にかけて玉作りが行われていたことが確認された。出土品は、碧玉・瑪瑙(めのう)・水晶で作られた管玉(くだたま)、勾玉(まがたま)など膨大な数の玉類未完成品から、花崗岩の外磨き砥石(といし)や結晶片岩製の内磨き砥石などの工具類まで、数万点にのぼる。2004年(平成16)に追加指定され、約2万8000m2が史跡指定地になった。現在、工房跡保存施設など復元工房を備えた出雲玉作史跡公園として整備され、出土品は園内の出雲玉作資料館に保存・展示されている。JR山陰本線玉造温泉駅から一畑バス「史跡公園入口」下車、徒歩約5分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

出雲玉作跡の関連キーワード松江市立出雲玉作資料館島根県松江市栄町島根県松江市袖師町島根県松江市玉湯町大谷島根県松江市玉湯町玉造島根県松江市玉湯町林島根県松江市玉湯町布志名島根県松江市玉湯町湯町島根県松江市殿町島根県松江市灘町

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone