コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刀子 とうす

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

刀子
とうす

奈良,平安時代初期頃の小刀 (こがたな) 。武器のほか日常生活に用いた。弥生時代から鉄製の子が使用されているが,古墳時代になると,金銅製の柄 (つか) , (さや) とともに,直弧文を彫刻した鹿角製の柄をもつものも出現した。鞘には木製のほか獣皮の袋状のものもあったことが,滑石製模造品の刀子からうかがわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

刀子【とうす】

奈良〜平安初期の刀剣の一種で,後の小刀(こがたな)に相当する。拵(こしらえ)を,金銀,べっこう,象牙などで装飾し,腰飾として用いられる。
→関連項目日本刀

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

防府市歴史用語集の解説

刀子

 長さ30cm以下の小さな刀のことです。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうす【刀子】

現在の用語でいえば〈こがたな〉であり,〈ナイフ〉である。《日本書紀》垂仁紀には〈刀子〉とも〈小刀〉とも混用しているのを,どちらも〈かたな〉と読んでいる。大刀(たち)にたいして小刀(かたな)と書いたもので,古くは〈こがたな〉とは読まなかった。刀に子の字を添えて刀子と書くのは,名詞の造語法の一種で,奈良時代には碁子(きし),合子,厨子(ずし),鎮子提子(ちようし)などの用例がある。 刀子は武器としての刀剣とは別に,つねに携帯して,食事にも,雑用にも用いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とうし【刀子】

とうす【刀子】

短刀。小さめな刀。とうし。
考古学・美術史などで、小刀をいう語。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

刀子
とうす

「こがたな」のこと。武器としてより日常の雑用に用いられた。青銅製品は柄(つか)も同鋳され、文様を鋳出したり、柄頭(つかがしら)を環状にしたものや獣頭の形を飾るものなどがある。中国ではすでに殷(いん)代から青銅製刀子がみられるが、日本では鉄製刀子が一般的で、弥生(やよい)時代からみられ、古墳時代に多い。弥生時代には鹿角(ろっかく)製の柄をつけた刀子が出土しているが、古墳時代には木製の柄のほか、鹿角製で直弧文(ちょっこもん)を飾ったものがある。鞘(さや)も獣皮で袋をつくったもの、木鞘を革で覆ったものなどがあり、腰につり下げたとみられ、その形が石製模造品の刀子にうかがわれる。また例は少ないが、金銅(こんどう)や銀の薄板で鞘をつくった華麗な刀子が後期古墳から出土している。正倉院宝物の刀子(奈良時代)には、犀角(さいかく)や染牙(せんげ)、黒柿(くろがき)、紫檀(したん)などの柄をもち、これらのほか金銀、紫檀などの鞘を用いた装飾的な刀子がみられ、一段と豪華さを増し、三合刀子や十合刀子など多くの刀子を一つの鞘にまとめたものもある。[村井雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の刀子の言及

【包丁(庖丁)】より

…日本では〈料理すること〉をもいうようになり,料理する人を包丁人,包丁者,料理に使う刀を包丁刀と呼ぶ風を生じ,さらに包丁刀を略して包丁というようになった。包丁刀を単に包丁と呼んだ例は《今昔物語集》巻二十八に見られる〈鞘(さや)なる庖丁〉あたりが古く,それ以前は小刀,短刀の意味で刀子(とうす)と呼んでいた。《延喜式》内膳司の条下には,供御用の刀子として年間77枚が計上され,その中には〈蠣(かき)〉をむくためのもの10枚,〈鰒(あわび)〉を切るためのもの2枚も含まれていた。…

※「刀子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

刀子の関連キーワードスキタイ式銅器オルドス青銅器カラカミ遺跡カラスク文化包丁(庖丁)黒姫山古墳綏遠青銅器アリ山古墳三池平古墳植別川遺跡快天山古墳鍋田横穴群原の辻遺跡経ノ塚古墳新皇塚古墳石製模造品金海貝塚野中古墳沙井遺跡金海遺跡

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

刀子の関連情報