コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分光化学系列 spectrochemical series

法則の辞典の解説

分光化学系列【spectrochemical series】

[M(NH35X]型の錯体の紫外可視部のスペクトルの第一吸収帯の波長は,Xにより下記のような一定の順で増加する.

CN<NO2<en<NH3<OH2<OH

<F<Cl<Br<I

これは槌田龍太郎の発見(1938)になる.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんこうかがくけいれつ【分光化学系列 spectro‐chemical series】

多くの遷移金属錯体は,非結合性d電子の遷移に基づくいくつかの比較的弱い吸収帯をもっているが,この吸収帯は配位子が変わると移動し,遷移金属錯体の各種の色の原因となっている。槌田竜太郎は,この吸収帯をコバルト(III)およびクロム(III)の錯塩について系統的に調べ,配位子を配位子場吸収帯の吸収極大が短波長にあるものから順次長波長にあるものへと並べると一つの系列ができることを見いだした(1938)。その後の知見を加えて現在は次のような系列が得られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分光化学系列
ぶんこうかがくけいれつ
spectrochemical series

錯体の構造、安定度などの研究に用いられる尺度の一つ。浅色(せんしょく)系列ともいう。多くの遷移金属錯体は、非結合性d電子が原因となって、可視部から紫外部にわたる領域にいくつかの吸収帯が存在する。このため多くの遷移金属錯体には色があることになるが、これらの吸収帯は配位子を変えるとその位置が移動し、遷移金属錯体の色の多様性の原因となっている。たとえば硫酸銅()水溶液の色は青色、硫酸ニッケル()水溶液の色は緑色であるが、これにアンモニアを加えると、それぞれ濃青藍(せいらん)色および藤(ふじ)色になる。これは銅()およびニッケル()のアクア錯イオンの配位子(水の配位子名はアクア)がアンモニア(配位子となるとアンミンという)に変わったため、吸収帯の極大位置が移動したためである。各種の多くの配位子の錯体をつくるコバルト()錯塩で、吸収極大で短波長にあるものから、順次長波長にあるものへ配位子によって並べると以下のようになる。
〔コバルト()錯塩の場合〕
CN->NO2->SO32->2,2'-ビピリジン,1,10-フェナントロリン>エチレンジアミン>NH3>ONO->NCS->OH2>C2O42-(二座)>NO3-,SO42->OH->CO32-(二座)>CH3COO->C2O42-,CO32-(単座)>S2O32->F->N3->Cl->CrO42->Br->I-
 この系列はすべての金属イオンに通用し、金属イオンに対する相互作用の強さの順序を表している。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の分光化学系列の言及

【錯体】より

…あまり強くない(logε<3)この吸収帯は配位子場によって分裂したdε,dγ両軌道間の禁制遷移によるもので,CoIII,CrIII錯体では二つあり,長波長から第一,第二吸収帯と名づけられた(柴田雄次,1915)。槌田竜太郎(1938)はこれらが配位子の次の順序に従って長波長に移動することを発見し,この順序を分光化学系列と名づけたが,これは配位子場理論が金属錯体に適用されるはるか前のことであった。新村陽一,槌田(1956)はさらに詳しい系列を発表している。…

※「分光化学系列」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

分光化学系列の関連キーワード槌田 龍太郎浅色系列深色効果

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android