コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分地制限令 ぶんちせいげんれい

6件 の用語解説(分地制限令の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分地制限令
ぶんちせいげんれい

江戸時代,農地分割を制限する禁令。初め延宝1 (1673) 年名主,農民に対して 20石または 10石あるいは1町歩以下の農地を分割相続することを禁止したが,その後いくぶん変化があった。農地の零細化による貢租収入の減少を防ぐのが目的で,明治維新後廃止。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶんちせいげん‐れい【分地制限令】

江戸時代、農民の零細化を防ぐため、所持田畑の分割相続を制限した法令。延宝元年(1673)のものが最初。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

分地制限令【ぶんちせいげんれい】

江戸時代,農民の田畑所持地の分与に関する法令。1673年の幕府令で名主は20石以上,一般農民は10石以上の所持者に限り分地を認め,それ以下の農民の分地を禁じた。
→関連項目持高

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんちせいげんれい【分地制限令】

江戸時代,幕府が農民の担税能力保持を目的として,相続あるいは分与にあたり農民が所持耕地を分割することに一定の制限を加えた法令。初見は1673年(延宝1)6月で,名主は20石以上,百姓は10石以上,それより少ない者は田畑をみだりに配分してはならない(《伍簿案》)としている。《伍簿案》は典拠として若干信頼度が低いが,このころ分地制限令が発令されたことはまちがいない。その後1713年(正徳3)には〈田畑の配分は高10石,地面1町歩より少なく分地することを禁止する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぶんちせいげんれい【分地制限令】

江戸時代、幕府が出した田畑分割相続の制限令。耕地の零細化を防止し、年貢徴収を確保することを目的とした。1673年が初見。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分地制限令
ぶんちせいげんれい

江戸時代、農民による田畑の分割相続を制限するため、幕府が出した法令。諸藩の多くも、これに準じた制限令を発した。分割相続によって零細な小経営が増加し、農民の年貢負担能力が阻害されることを防ぐ目的をもって、幕府法令としては、1673年(寛文13)6月に発令されたのが、現在年月日を確認できる最初のものである。これに先だつ江戸初期において、幕府農政の基調は小農民経営の増大と維持にあった。そのため17世紀なかばごろまでは「慶安(けいあん)検地条目」にみられるごとく分割相続も公認してきた。分地制限令は、このような従来の農民支配政策の転換を示すものにほかならない。分地制限令の内容は、それが発せられた時代によって若干の差異がみられるが、主眼は石高(こくだか)10石(耕地1町歩=約1ヘクタール)以下の小規模経営が増大するのを防ぐことにあった。[曽根ひろみ]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の分地制限令の言及

【近世社会】より

…この禁令は五人組帳前書の類で繰り返され,関東以北の地では幕末まで禁止は続いている。また永代売の禁令におくれて73年(延宝1)には分地制限令が出された。この禁令は,禁止の対象となる量にときにより差異があるが,ほぼ石高10石(田畑半々,全部中田畑とみて約8反4畝(84a)をもつ百姓を維持存続させようとしたものとみられる。…

【持高】より

…農民は持高に応じて領主に対する年貢,諸役を負担させられたので,持高の多い者は村内における発言力も大きく,持高の多寡によって農民の社会的地位がほぼ決まった。また,5~10石程度の持高がないと一軒前の百姓として相当の家計を営むことが困難であることから,幕府,諸藩では持高10石未満の百姓が耕地を分割することに制限を加えた(分地制限令)。【松尾 寿】。…

※「分地制限令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

分地制限令の関連キーワード田畑永代売買禁止令農民組合夫食抱え地貸付金公役小間担税担税者担税力農人形

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone