コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分益小作 ブンエキコサク

百科事典マイペディアの解説

分益小作【ぶんえきこさく】

分益農とも。小作制度の一形態。小作者は経営資本一部と自家労働(一部は雇用労働)を出し,地主から土地と他の経営資本を貸与され,生産物は地主と一定比率で分配する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんえきこさく【分益小作】

地主がその所有地を,一定期間,小作農に貸して小作料を徴収する小作制度の一種で,小作料の額があらかじめ定められておらず,収穫物の一定の割合を地主が徴収する制度を分益小作という。その割合が収穫物の半分である場合には折半小作と呼ばれるが,その割合が半分ではない場合もかなりあるので,それらを総称して分益小作という。分益小作が行われるのは,小作農が貧困で確実な小作料支払能力をもたないために,あらかじめ定額の小作料を設定できないからであり,地主が種子や役畜の一部を提供する場合もかなりみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんえきこさく【分益小作】

小作制度の一形態。小作地の収穫物のうち一定の割合を小作料として支払うもの。現在の農地法は定額金納を定め、これを認めていない。刈り分け小作。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の分益小作の言及

【小作制度】より

…16世紀には商工業や金融業で産をなした都市のブルジョア(町人)が安全な投資先を求めて大量に農地を購入してこれを小作せしめ,また領主自身も直領地を拡大してこれを小作せしめるようになったから,こうしたブルジョアの地主化と領主自身の地主化とによって,小作制度は急速に進展した。16,17世紀のフランスでは,地主はその大土地所有をいくつかに区分して小規模な小作農民に小作させるのが通例で,小作料徴収の形態としては,一定額の貨幣または一定量の生産物を徴収する場合と,収穫物を一定の割合(主として折半)で地主と小作人とで分け合う場合とがあり,前者は定額小作fermage,後者は分益小作métayageと呼ばれる。小作契約期間は3年ないし9年であったが,18世紀には9年契約が増加した。…

【シェア・クロッパー】より

…アメリカで南北戦争後,南部のプランテーション大土地所有制が解体されたあとに形成されていった一種の分益小作農。解放後なんらの生活手段を持たない解放黒人と,奴隷解放によってそれまでの労働力をまったく失ってしまったプランターの双方の利害の模索のなかから,地主側が住居や耕地,種子,農具,家畜などの農耕必需品をクロッパーに提供し,クロッパー側はその代償として,彼自身と家族の労働力で耕作を引き受け,収穫の1/3から2/3近くを地主に支払う分益小作制が形成されていった。…

【折半小作】より

…小作制度の一種で,地主と小作農民とが収穫物を半々に分け合うところからこの名が生じた。小作制度においては,地主が小作農民から小作料を徴収するが,その徴収の仕方を大別すれば,一定額の貨幣または一定量の生産物を徴収する定額小作と,収穫物の一定の割合を徴収する分益小作とに区分され,分益小作のうちで,収穫物の半分を地主が徴収する場合をとくに折半小作という。折半小作が行われるのは,小作農民が貧しくて小作料支払能力が不安定である場合が多く,地主は,あらかじめ小作農民に必要な種子の半分や家畜の半分を貸し付け,収穫後に,生産された農産物(家畜の増加分を含む)の半分を徴収することによって,小作料を確保するのである。…

【マーレキ・ライヤト制】より

…イランにおける地主・小作関係をいう。農地改革(1962)前のイランでは耕地の約90%は地主が所有し,うち80%強は分益小作制によって経営されていた。分益小作制は高原地方に広くみられ,降水量が少なく灌漑技術が農作業においてきわめて重要な意味をもつ地方では,ボネboneなどと称する特殊な耕地制度がとられていた。…

※「分益小作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

分益小作の関連キーワードマーレク・ライーヤト制マーレキ・ライヤト制エミール ギョーマンシェア=クロッパー制シェア・クロッパープエルト・リココットンベルトフェルマージュアーカンソー州メテイヤージュ刈分け小作メティエコロヌス農地法

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android