切磋琢磨(読み)セッサタクマ

デジタル大辞泉の解説

せっさ‐たくま【切××琢磨】

[名](スル)《「詩経」衛風・淇奥から。「琢磨」はなどを打ち学問をし、徳を修めるために、努力に努力を重ねること。また、友人どうしで励まし合い競い合って向上すること。「互いに切磋琢磨して技術改新を成し遂げる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

切磋琢磨

骨はり、象牙は磋(と)、玉は(う)ち、石は磨く、といった精細な加工を施すこと。互いに探究、研鑽(けんさん)し合うことの意。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せっさ‐たくま【切磋琢磨】

〘名〙 (「切」は刻む、「磋」はとぐ、「琢」は打つ、「磨」はみがくの意)
① 骨・角・石・玉などを切りみがくこと。みがき上げて細工すること。〔東京教育大本下学集(室町中)〕
※わらんべ草(1660)三「切(セツ)、磋(サ)、琢(タク)、磨(マ)と云は、切は、のこぎりにて引切、磋は、つちのやうなる物にて、打はり、琢はやすりにてすり、磨は、こんごうじゃうなどにて、みがかねば玉にはならぬ也」
② 学問や道徳、また技芸などをみがき上げること。
※伝教大師消息(824‐831頃)「憶前乍別信宿憤欝。夜来不審。道体如何。㝡澄蒙免。但出世之友更無他人。善悪之事未蜜。塔院切瑳琢磨。同入水火」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)前「凡(およそ)芸術は、夥(あまた)の月を距(こえ)年を踰(こえ)切磋琢磨(セッサタクマ)の功を積ざれば、その極に至りがたし」
③ 仲間同士互いに戒めあい、励ましあい、また競いあって向上すること。
※応永本論語抄(1420)学而第一「法眷に成て友々に切瑳琢磨するは、尤も可楽事也」
※山月記(1942)〈中島敦〉「己は詩によって名を成さうと思ひながら、進んで師に就いたり、求めて詩友と交って切磋琢磨に努めたりすることをしなかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

切磋琢磨

石や玉などを磨くように学問、技芸、人間性などを磨き上げること。たゆまぬ努力により自力量素質などを磨き上げることのたとえ。また、互いに競い合い、励ましあって向上することのたとえ。

[活用] ―する。

[使用例] 己はによって名を成そうと思いながら、進んで師に就いたり、求めて詩友と交わって切磋琢磨に努めたりすることをしなかった[中島敦*山月記|1942]

[使用例] 休マズ、遅刻セズ、仕事セズでも給料はもらえる。いまや社員同志の切磋琢磨はカゲグチ以外にはない[山口瞳*江分利満氏の優雅な生活|1963]

[解説] 「切」はきる、「磋」はとぐという意味で、や象牙などを加工する場合にいいます。また、「琢」は細工する、「磨」はみがくという意味で、玉や石を加工する場合にいいます。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報