コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

練る/煉る ネル

1件 の用語解説(練る/煉るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ね・る【練る/×煉る】

[動ラ五(四)]
熱を加えて、むらのないようにこね固める。また、こねまぜて、粘りけが出るようにする。「あんを―・る」「のりを―・る」「粘土を―・る」
(練る)生絹(きぎぬ)を灰汁(あく)などで煮てしなやかにする。「―・った絹」
皮類をなめす。なめし革にする。「皮を―・る」
(「錬る」とも書く)金属に焼きを入れて硬質なものに鍛える。「鉄を―・る」「刀を―・る」
さらによいものにするために内容を検討したり、手を加えたりする。「計画を―・る」「文章を―・る」
学問や技芸などを鍛えみがく。修養・経験などを積む。練磨する。「技を―・る」「腕を―・る」
(「邌る」とも書く)
㋐そろそろと行く。また、行列を整えてゆっくり進む。「楽隊が町を―・っていく」
㋑行きつ戻りつしながら進む。「みこしが―・る」
木の枝などをたわめて作る。
「かの丘に萩刈るをのこ縄をなみ―・るやねり麻(そ)の砕けてぞ思ふ」〈拾遺・恋三〉
海水を煮て塩をつくる。精製する。
「潮(うしほ)―・るかまどの煙気(け)をぬるみ雪もたまらぬ海人(あま)のあばら屋」〈夫木・三五〉
[可能]ねれる
[動ラ下二]ね(練)れる」の文語形。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

練る/煉るの関連キーワード弄くる教わる臍繰る冷床押破る襲い掛る溶かす臥せる火照る群がる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone