鍛える(読み)キタエル

デジタル大辞泉の解説

きた・える〔きたへる〕【鍛える】

[動ア下一][文]きた・ふ[ハ下二]《古くは四段に活用》
高温で熱した金属を繰り返し打ったり水で冷やしたりして硬度・密度などを高め、良質のものにする。鍛錬する。「刀剣を―・える」
練習・修練を繰り返し、技術や身体・精神をしっかりしたものにする。「心身を―・える」「選手を―・える」
いじめる。
「やかましく―・へずとも、はやく汲んでくれろよ」〈洒・南閨雑話

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きたえる【鍛える】

( 動下一 ) [文] ハ下二 きた・ふ
〔古くは四段活用〕
高温に熱した金属を打って、強くする。鍛練する。 「刀を-・える」
自分で修練を繰り返して心身や技術をしっかりしたものにする。 「からだを-・える」 「技を-・える」
訓練をほどこして技術を向上させる。 「きびしいトレーニングで選手を-・える」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鍛えるの関連情報