コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扱く コク

4件 の用語解説(扱くの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こ・く【扱く】

[動カ五(四)]
細長い本体に付いている物を手や物の間に挟んで引っぱり、こすり落とす。しごく。「稲を―・く」
間にたるみをなくするためにこするようにして手前に引く。
「両手に穿(は)めたミット入の黒の長手袋を―・きあげる」〈風葉青春
扱(こ)ぐ」に同じ。

しご・く【扱く】

[動カ五(四)]
細長いものを握ったり指で挟んだりして、強く押さえつけるようにしながら、その手や指をこするように動かす。「槍(やり)を―・く」「帯を―・く」「あごひげを―・く」
きびしく訓練する。「合宿で新入部員を―・く」
ひどくいじめる。
「そんならこいつもう―・いてしまはにゃならぬ」〈浄・歌祭文
[可能]しごける

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こく【扱く】

( 動五[四] )
〔「こぐ」とも〕
打ちつけたり、狭い所を通したりして、付いているものをむしり取る。 「稲を-・く」
長い物を片手で軽く握り、他の手で引き抜く。しごく。 「ひもを-・く」
草木を根の付いたまま引き抜く。 「あの松を直したい所がある程に、急いであれを-・いで来い/狂言記・富士松」
[可能] こける

しごく【扱く】

( 動五[四] )
細長い物を片手で握り、もう一方の手で強く引き抜く。こく。 「槍を-・く」 「稲の穂を-・いて、もみを落とす」
いためつける。転じて、厳しく訓練する。 「合宿で-・かれる」 「芽ざし柳を-・く朝風に/色懺悔 紅葉
[可能] しごける

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

扱くの関連キーワード選り抜く舁く放く扱き打っ欠く細長い漉く食べ歩くほざ・く握って回る

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone