コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

判始 はんはじめ

世界大百科事典 第2版の解説

はんはじめ【判始】

幕府行事の一つ。朝廷の吉書(きつしよ)奏の儀にならい,鎌倉幕府では役所の開設や年首,将軍代始,任官,改元等にあたり,吉書始と称して,奉行が吉書を草し,清書して将軍の御前に進めて御覧に入れ,将軍が吉書に判(花押)をすえる儀が行われていた。それが室町時代になると,将軍の代替すなわち就任後に初めて吉書に判をおす儀を,とくに御判始と称して,他の吉書始と区別するようになった。御判始の儀は幕府殿中にて行われ,将軍は立烏帽子(たてえぼし)に直垂(ひたたれ)を着し,奉行が進める御教書に御判を署した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

判始の関連キーワード文明一統記足利基氏足利義満伺事記録足利義政乗馬始判始め下文