コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利尻[町] りしり

百科事典マイペディアの解説

利尻[町]【りしり】

北海道北部,利尻郡,利尻島の西半分を占める町。漁港沓形(くつがた)は利尻コンブ採取の中心地で,1955年ころまで南部の仙法志(せんほうし)とともにニシン漁でにぎわった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りしり【利尻[町]】

北海道北部,宗谷支庁利尻郡の町。人口4104(1995)。稚内(わつかない)市南西方の日本海に浮かぶ利尻島の南西部を占め,北東部に利尻山がそびえる。集落は海岸線に沿って帯状に形成され,中心は西部の沓形(くつがた)である。島最大の漁港であり,沿岸・沖合漁業の基地で,また稚内,礼文(れぶん)からのフェリーや貨物船が発着する。1700年代に場所請負人によりニシン漁場が開かれ,島の開発の端緒となった。南部の仙法志(せんほうし)もニシン漁場でにぎわった地である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

利尻[町]の関連キーワード利尻礼文サロベツ国立公園

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android