コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利尻山 リシリサン

百科事典マイペディアの解説

利尻山【りしりざん】

北海道,利尻島にある活火山。標高1721m。利尻岳,利尻富士とも呼ばれる高緯度にあるため,山頂部には多くの高山植物見られる。鴛泊(おしどまり),沓形(くつがた)から登山路がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りしりざん【利尻山】

北海道北部,日本海に浮かぶ利尻島の中核をなす火山。標高1719m。島全体が円錐形の成層火山で,日本海上や天塩(てしお)海岸から海上に突出した美しい山容が望まれ,利尻富士とも呼ばれる。基盤は第三紀の堆積岩火山岩から成り,最初に玄武岩質の火砕岩,溶岩を噴出し,さらにその上に安山岩溶岩が噴出,更新世までに主成層火山が形成された。その後の長い休止期間中に山体の浸食も著しく進み,山頂付近には火口の跡もみられない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕利尻山(りしりざん)


北海道北部、日本海に浮かぶ利尻島中央部の成層火山。標高1721m。山体はかなり浸食が進み、遠望すると秀麗な円錐(えんすい)形に見える。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」の一つ。利尻富士とも。リシリヒナゲシ・リシリリンドウなど高山植物の宝庫。ほかにチシマザクラが自生。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

利尻山の関連情報