コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刺網漁業(読み)さしあみぎょぎょう(英語表記)gill net fishery

世界大百科事典 第2版の解説

さしあみぎょぎょう【刺網漁業 gill net fishery】

刺網を用いて行う漁業。刺網とは帯状の網地で,目的とする水産生物を網目に刺しこませたり,網地にからませたりして漁獲する漁具である。一般に,対象種の移動進路を遮るように,あば(浮子)といわ(沈子)を調節して垂直に張る。浮魚,イカなどを対象とした浮刺網,底魚,エビ,カニなどを対象とした底刺網がある。また,錨などで固定して使う場合と,固定せずに使う流し網とがある。網の高さは対象種の遊泳層の厚さ,群れの密度によって決まり,長さはかける場所,取扱いの難易によって決まる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android