コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刺網漁業 さしあみぎょぎょうgill net fishery

世界大百科事典 第2版の解説

さしあみぎょぎょう【刺網漁業 gill net fishery】

刺網を用いて行う漁業。刺網とは帯状の網地で,目的とする水産生物を網目に刺しこませたり,網地にからませたりして漁獲する漁具である。一般に,対象種の移動進路を遮るように,あば(浮子)といわ(沈子)を調節して垂直に張る。浮魚,イカなどを対象とした浮刺網,底魚,エビ,カニなどを対象とした底刺網がある。また,錨などで固定して使う場合と,固定せずに使う流し網とがある。網の高さは対象種の遊泳層の厚さ,群れの密度によって決まり,長さはかける場所,取扱いの難易によって決まる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

刺網漁業の関連キーワード器械根さざえ外房イセエビ古平[町]和島 貞二長門(市)嵯峨ノ島指定漁業遠洋漁業和島貞二佐渡市ニシン両津大島秋穂外海刺網

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android