コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

力学的エネルギー リキガクテキエネルギー

百科事典マイペディアの解説

力学的エネルギー【りきがくてきエネルギー】

力学的な量によってきまるエネルギー。運動エネルギー位置エネルギーに分けられる。物体に保存力(質点が力の作用を受けて点PからQに移るとき,力のする仕事がその経路に無関係にPとQの位置だけで決まるとき,その力を保存力という)がはたらいて位置エネルギーが定義され,この保存力以外の力がはたらかないときは,運動エネルギーと位置エネルギーの和は一定である(力学的エネルギー保存の法則)。→エネルギー保存の法則
→関連項目エネルギー仕事(物理)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

りきがくてきエネルギー【力学的エネルギー】

運動エネルギーとポテンシャルエネルギーとの総称。また、それらの総和。外部からの作用がなければ、系の力学的エネルギーは不変に保たれる。機械的エネルギー。 → 内部エネルギー

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

力学的エネルギー
りきがくてきえねるぎー

力学的な原因によるエネルギーで、運動エネルギーと位置エネルギーとからなる。運動する物体は、他の物体に当たるとそれを動かし、ばねなどに当たるとその運動を縮小させる。これらは、運動する物体が他のものに対して仕事をする能力をもつことを示し、その能力は運動エネルギーとよばれる。また物体が重力を受けながら高い場所から低い場所に移動する場合、振り子時計のおもりのように、重力が機械の動力となって仕事をすることができる。これらを位置エネルギーとよんでいる。運動エネルギーと位置エネルギーは互いに移り変わる。物体が力を受け仕事がなされると運動エネルギーは増加するが、その際、蓄えられていた位置エネルギーは減少する。また運動している物体が、ばねなどに当たり仕事をすると、位置エネルギーは増加するが、運動エネルギーは減少する。
 重力やばねのような力が働く際に、摩擦や空気の抵抗を受けないならば、運動エネルギーの増加分は、力によってなされた仕事に等しく、またこの仕事は、位置エネルギーの減少分に等しくなる。これより、運動エネルギーと位置エネルギーの和である力学的エネルギーは時刻によらず一定になることが導かれる。これを「力学的エネルギーの保存則」という。[池田清美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の力学的エネルギーの言及

【エネルギー】より

…英語ではエナージーenergyという。
【エネルギー概念の発展】

[仕事と力学的エネルギー]
 エネルギーの概念が確立したのは19世紀後半であるが,これと深いかかわりをもつ仕事の概念の歴史はずっと古く,すでに紀元1世紀ごろ,アレクサンドリアのヘロンは,てこや滑車などの機械による仕事について,力に関する利得が速さまたは移動距離に関する損失で帳消しにされるということを述べている。これは現在仕事の原理と呼ばれるもので,詳しくいうと次のようになる。…

※「力学的エネルギー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

力学的エネルギーの関連キーワードダイソン‐レーナルト‐リープの定理ポテンシャルエネルギー機械エネルギー保存則エネルギー保存則電気機械結合係数第二種永久機関化学エネルギーニュートン力学海洋エネルギーエネルギー代謝内部エネルギー磁気エネルギーエネルギー交代energyポテンシャル高減衰能材料等分配の原理非弾性衝突仕事の原理排油機構

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

力学的エネルギーの関連情報