コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

力学的海面高度 りきがくてきかいめんこうど dynamic height of sea surface

1件 の用語解説(力学的海面高度の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りきがくてきかいめんこうど【力学的海面高度 dynamic height of sea surface】

海洋において,温度と塩分を測定してその分布から海流を推定する方法を力学計算という。力学計算によって同時に海面の起伏が推算できるが,こうして求めた海面を力学的海面高度と呼ぶ。海洋中の大規模(30km程度かそれ以上)な運動に関しては地衡流平衡がほぼ成り立っている。地衡流平衡とは地球の回転によるコリオリの力と水圧の勾配による力が釣り合っている運動のことで,以下のように表される。ここでzは鉛直上向きにとった座標,x,yは平均海面と一致するジオイド上にとった直交座標である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

力学的海面高度の関連キーワード乾湿球湿度計照度計水塊カロリメーター温度定点直接エネルギー測定法吸着等量線クヌーセンの定理塩素量密度躍層

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone