コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加味逍遙散 かみしょうようさん

2件 の用語解説(加味逍遙散の意味・用語解説を検索)

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

かみしょうようさん【加味逍遙散】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)柴胡(さいこ)芍薬(しゃくやく)蒼朮(そうじゅつ)または白朮(びゃくじゅつ)当帰(とうき)茯苓(ぶくりょう)山梔子(さんしし)牡丹皮(ぼたんぴ)甘草(かんぞう)生姜(しょうきょう)薄荷(はっか)などを含む。宋(そう)代の医学書『和剤局方(わざいきょくほう)』などに処方が示されている。月経不順血の道(みち)症更年期障害冷え症不眠症などに用い、いらいらする、疲れやすい、めまいのぼせなどの症状をともなうとき、とくに有効とされる。虚弱体質の女性がおもな対象。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加味逍遙散の関連キーワード漢方薬和漢薬薬酒柴胡草薬方薬三島柴胡上薬処方薬動脈硬化と漢方薬

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone