コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加味逍遙散 かみしょうようさん

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

かみしょうようさん【加味逍遙散】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)柴胡(さいこ)芍薬(しゃくやく)蒼朮(そうじゅつ)または白朮(びゃくじゅつ)当帰(とうき)茯苓(ぶくりょう)山梔子(さんしし)牡丹皮(ぼたんぴ)甘草(かんぞう)生姜(しょうきょう)薄荷(はっか)などを含む。宋(そう)代の医学書『和剤局方(わざいきょくほう)』などに処方が示されている。月経不順血の道(みち)症更年期障害冷え症不眠症などに用い、いらいらする、疲れやすい、めまいのぼせなどの症状をともなうとき、とくに有効とされる。虚弱体質の女性がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

加味逍遙散(かみしょうようさん)

漢方薬のひとつ。婦人病冷え性などの症状に処方される。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android