コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤正 かとう ただし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤正 かとう-ただし

1906-1949 昭和時代の哲学者。
明治39年2月11日生まれ。昭和6年安田徳太郎らと「ソヴェート友の会」を結成。このころ共産党に入党。のち唯物論研究会に参加,主観主義的なマルクス主義把握を批判して永田広志らと党派性論争や主体性論争を展開。戦時下に検挙されたが,戦後,党再建に努力。昭和24年2月3日死去。44歳。徳島県出身。京都帝大卒。著作に「弁証法の探究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加藤正
かとうただし
(1906―1949)

マルクス主義哲学者。徳島県生まれ。戦前・戦後を通じて一貫して共産主義運動に従事し、非転向を貫いた。京都帝国大学文学部卒業。処女論文は1930年(昭和5)に発表された「三木哲学に対する覚書」(『プロレタリア科学』同年8月号)と「弁証法的唯物論への道」(『思想』同12月号、筆名山野幸夫)。彼はそこで、昭和初期の日本共産党に絶大な影響力を振るっていた福本イズム、すなわち福本和夫(ふくもとかずお)の「全無産階級的政治闘争主義意識」批判と、三木清の主張する「無産階級的基礎経験」といった階級的主観主義を批判した。1930年か1931年に日本共産党に入党。その後、唯物論研究会にも参加して、永田広志(ながたひろし)らと理論の「党派性論争」や「主体性論争」を展開した。また、戦時下に数回にわたって官憲に検挙されるが、ひるまずに党活動を続けた。戦後、病躯(びょうく)にむち打って党の再建活動に挺身(ていしん)したが、戦争中からの結核がもとで43歳で病没。唯物論者加藤の基本的関心は、真の唯物論哲学の確立にあり、「労働者運動の理論および綱領としての現代唯物論と科学的社会主義」(レーニン)たるマルクス主義の実現のための認識論(「思惟(しい)の法則」)を明らかにすることにあった。[西田 毅]
『山田宗睦編『加藤正全集』全2巻(1963・現代思潮社) ▽デートン・ミラー著、加藤正訳『火花・稲妻・宇宙線』(1943・三省堂) ▽F・エンゲルス著、加藤正他訳『自然弁証法』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

加藤正の関連キーワード800 TWO LAP RUNNERSフェルミ(Enrico Fermi)自然弁証法(エンゲルスの著書)ブルーカラー・ホワイトカラークライマーズ・ハイカーテンウォール雪に願うこと三たびの海峡河本 香芽子加古 祐二郎日本棋院改革デイ・ケア河合 浩蔵木谷 美春孤高のメス誰がために機関車先生加藤正治西山宗因本因坊戦

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android