コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動的計画法 どうてきけいかくほうdynamic programming; DP

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動的計画法
どうてきけいかくほう
dynamic programming; DP

最適化の問題を多段階に分けて,逐次段階をふやしながら解いていく方法。各段階での最適化の構造は全体の構造より簡単であるため,1回で問題を解く代わりに比較的簡単な問題を多数回解くことによって計画全体を作成しようとするもの。通常は漸化関数方程式が導かれ,それを用いて問題が解かれている。 R.ベルマンが開発した数理計画法の一つであり,線形計画法 (リニア・プログラミング) と並んで重要な位置を占めている。最適経路問題や投資配分計画などがその主要な応用分野である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

動的計画法【どうてきけいかくほう】

ダイナミックプログラミングdynamic programmingとも。略称DP。最適性の原理を導入し,時間の流れとともに経過する現象の中で長期間を通じての最適決定を下す場合に適用される手法。
→関連項目オペレーションズリサーチ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どうてきけいかくほう【動的計画法 dynamic programming】

略称DP。ダイナミックプログラミングともいう。利得の最大や経費の最小のための条件を求める数理計画の方法は,問題の型によってさまざまであるが,動的計画法もその一つで,アメリカのベルマンRichard Bellmanが1950年ころから提唱し始めたものである。 われわれの決定には1回だけで独立しているもののほかに,多段階的なものが多い。今期の決定が,次期における状況,可能な決定の範囲や効果等に影響を与えるというタイプのものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

どうてきけいかくほう【動的計画法】

数理計画法の一。時間の経過とともに多段階にわたってなされる決定過程の効果を、数式にモデル化し、最適条件を求めること。ダイナミック-プログラミング。 DP 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の動的計画法の言及

【音声情報処理】より

…これは,両パターンが最もよく一致するように比較対象の一方の時間軸を非線形に伸縮しながら照合することによって解決できる。これは動的計画法dynamic programmingの技術を用いて実現でき,DPマッチングと呼ばれている。 もう一つの難しい点は,同じ単語でも話者によって発声されたスペクトルパターンが異なる点である。…

【最適化手法】より

…さらに制約条件が付加された場合には,線形計画法や非線形計画法が用いられる。また,多段階にわたる決定問題を対象とする最適化手法として動的計画法がある。 最適化手法は普通,現実問題の数学的模型に対して適用されるもので,現実問題それ自体を解いているのではない点に注意しなければならない。…

※「動的計画法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

動的計画法の関連キーワードダイナミック・プログラミングオペレーションズ・リサーチリチャード・E. ベルマンシステム工学最大・最小応用数学最適制御最適化数式

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android