コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝田守一 かつたしゅいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勝田守一
かつたしゅいち

[生]1908.11.10. 東京
[没]1969.7.30.
哲学者,教育学者。 1932年京都帝国大学卒業後,松本高等学校で哲学,ドイツ語を担当。第2次世界大戦後,文部省教科書局社会科主任となり,民主社会における市民教育の場としての社会科創設に努めた。その後学習院大学を経て,1951年,新設された東京大学教育学部の教授となった。民間教育研究運動に積極的にかかわり,雑誌『教育』の編集長をつとめ,教育科学研究会へ参加,国民教育研究所にも研究会議員として協力した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝田守一 かつた-しゅいち

1908-1969 昭和時代の教育学者。
明治41年11月10日生まれ。昭和21年文部省教科書局社会科主任となり,「社会科」の創設につくす。学習院大教授をへて26年東大教授に就任。戦後民主教育の理論的指導者として民間教育運動にかかわった。昭和44年7月30日死去。60歳。東京出身。京都帝大卒。著作に「平和と教育」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勝田守一
かつたしゅいち
(1908―1969)

教育学者。明治41年11月1日東京に生まれる。京都帝国大学哲学科卒業後、1946年(昭和21)文部省学習指導要領作成委員を経て、1951年東京大学教育学部教授となる。戦後民主教育、国民教育の理論的指導者として、日教組教育研究大会講師兼世話人、教育科学研究委員長を務めたほか、教育哲学会常任理事、日本教育学会常任理事などを併任。主著に『平和と教育』(1951)、『国民教育の課題』(1966)などがある。昭和44年7月30日没。[小股憲明]
『『勝田守一著作集』全7巻(1974・国土社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の勝田守一の言及

【学校】より

… かつてJ.デューイやG.S.カウンツらアメリカの教育学者は社会改造との関係で学校を問題にしてきた。また日本では,宮原誠一の〈教育は社会の基本的な諸機能の再分肢〉であるとの考えを受け継ぎ,勝田守一が,学校はその諸機能を意図的・組織的に遂行するところであり,学校の機能には,社会的統制,職業的訓練,文化価値の内在化(教養)の三つがあるとした。これらはだれもが認める学校の機能であるが,具体的にどのような学校にするかが問題である。…

※「勝田守一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

勝田守一の関連キーワードシェリング(Friedrich Wilhelm Joseph Schelling)宮原 誠一勝田 守一昭和時代哲学者学力

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android