コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝田守一 かつたしゅいち

3件 の用語解説(勝田守一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勝田守一
かつたしゅいち

[生]1908.11.10. 東京
[没]1969.7.30.
哲学者,教育学者。 1932年京都帝国大学卒業後,松本高等学校で哲学,ドイツ語を担当。第2次世界大戦後,文部省教科書局社会科主任となり,民主社会における市民教育の場としての社会科創設に努めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝田守一 かつた-しゅいち

1908-1969 昭和時代の教育学者。
明治41年11月10日生まれ。昭和21年文部省教科書局社会科主任となり,「社会科」の創設につくす。学習院大教授をへて26年東大教授に就任。戦後民主教育の理論的指導者として民間教育運動にかかわった。昭和44年7月30日死去。60歳。東京出身。京都帝大卒。著作に「平和と教育」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勝田守一
かつたしゅいち
(1908―1969)

教育学者。明治41年11月1日東京に生まれる。京都帝国大学哲学科卒業後、1946年(昭和21)文部省学習指導要領作成委員を経て、1951年東京大学教育学部教授となる。戦後民主教育、国民教育の理論的指導者として、日教組教育研究大会講師兼世話人教育科学研究委員長を務めたほか、教育哲学会常任理事、日本教育学会常任理事などを併任。主著に『平和と教育』(1951)、『国民教育の課題』(1966)などがある。昭和44年7月30日没。[小股憲明]
『『勝田守一著作集』全7巻(1974・国土社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の勝田守一の言及

【学校】より

… かつてJ.デューイやG.S.カウンツらアメリカの教育学者は社会改造との関係で学校を問題にしてきた。また日本では,宮原誠一の〈教育は社会の基本的な諸機能の再分肢〉であるとの考えを受け継ぎ,勝田守一が,学校はその諸機能を意図的・組織的に遂行するところであり,学校の機能には,社会的統制,職業的訓練,文化価値の内在化(教養)の三つがあるとした。これらはだれもが認める学校の機能であるが,具体的にどのような学校にするかが問題である。…

※「勝田守一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

勝田守一の関連キーワード平塚益徳上村福幸大村桂巌佐藤保太郎長尾十三二古木弘造細谷俊夫堀尾輝久宗像誠也森昭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone