コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勢力富五郎 セイリキトミゴロウ

4件 の用語解説(勢力富五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいりき‐とみごろう〔‐とみゴラウ〕【勢力富五郎】

[1813~1849]江戸後期の博徒。下総(しもうさ)の人。本名、佐助。もと力士で、笹川繁蔵の子分。飯岡助五郎を殺そうとし、逆にその策に乗せられて自殺。「天保水滸伝(てんぽうすいこでん)」に潤色され、浪曲にもとられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勢力富五郎 せいりき-とみごろう

1817-1849 江戸時代後期の侠客(きょうかく)。
文化14年生まれ。下総(しもうさ)香取郡(千葉県)の人。江戸で力士となったが郷里にかえり,笹川繁蔵(ささがわの-しげぞう)の子分となる。繁蔵が暗殺されたあと,宿敵飯岡(いいおかの)助五郎をねらい,関東取締出役(とりしまりしゅつやく)の追っ手にかこまれ嘉永(かえい)2年4月28日自殺した。33歳。本名は柴田佐助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

勢力富五郎

没年:嘉永2.4.28(1849.5.20)
生年:文化14(1817)
江戸後期の侠客。本名は柴田佐助。下総国香取郡(千葉県)万歳村の生まれ。幼時より力自慢で相撲が強く,千賀浦部屋に入門するが故郷に舞い戻って博奕打ちとなり,下総笹川河岸を縄張りに売り出した笹川繁蔵の一の子分となった。天保15(1844)年の飯岡助五郎との出入りには繁蔵を助けて奮戦,弘化4(1847)年繁蔵が暗殺されたあとは,残された子分と共に助五郎をねらうが果たせず,嘉永2(1849)年関東取締出役の大掛かりな追っ手に囲まれ,潜伏先の金比羅山(千葉県東庄町)で自殺した。これ以降,里人は金比羅山を勢力山と呼ぶようになった。一連の事件は講談,浪曲の「天保水滸伝」となって後世に喧伝された。

(高橋敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せいりきとみごろう【勢力富五郎】

1813~1849) 江戸末期の俠客きようかく笹川繁蔵の子分。河竹黙阿弥作の歌舞伎「群清滝贔屓勢力むれきよたきひいきのせいりき」に脚色された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勢力富五郎の関連キーワード鈴木鵝湖総国柴田蛙水柴田南窓白輿三右衛門甚太七兵衛新場小安鐘弥左衛門半鐘八右衛門奴治兵衛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

勢力富五郎の関連情報