コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勢力富五郎 セイリキトミゴロウ

4件 の用語解説(勢力富五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいりき‐とみごろう〔‐とみゴラウ〕【勢力富五郎】

[1813~1849]江戸後期の博徒。下総(しもうさ)の人。本名、佐助。もと力士で、笹川繁蔵の子分。飯岡助五郎を殺そうとし、逆にその策に乗せられて自殺。「天保水滸伝(てんぽうすいこでん)」に潤色され、浪曲にもとられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勢力富五郎 せいりき-とみごろう

1817-1849 江戸時代後期の侠客(きょうかく)。
文化14年生まれ。下総(しもうさ)香取郡(千葉県)の人。江戸で力士となったが郷里にかえり,笹川繁蔵(ささがわの-しげぞう)の子分となる。繁蔵が暗殺されたあと,宿敵飯岡(いいおかの)助五郎をねらい,関東取締出役(とりしまりしゅつやく)の追っ手にかこまれ嘉永(かえい)2年4月28日自殺した。33歳。本名は柴田佐助。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

勢力富五郎

没年:嘉永2.4.28(1849.5.20)
生年:文化14(1817)
江戸後期の侠客。本名は柴田佐助。下総国香取郡(千葉県)万歳村の生まれ。幼時より力自慢で相撲が強く,千賀浦部屋に入門するが故郷に舞い戻って博奕打ちとなり,下総笹川河岸を縄張りに売り出した笹川繁蔵の一の子分となった。天保15(1844)年の飯岡助五郎との出入りには繁蔵を助けて奮戦,弘化4(1847)年繁蔵が暗殺されたあとは,残された子分と共に助五郎をねらうが果たせず,嘉永2(1849)年関東取締出役の大掛かりな追っ手に囲まれ,潜伏先の金比羅山(千葉県東庄町)で自殺した。これ以降,里人は金比羅山を勢力山と呼ぶようになった。一連の事件は講談,浪曲の「天保水滸伝」となって後世に喧伝された。

(高橋敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

勢力富五郎の関連キーワードペグマタイトスロバキア文学ドゥーフ小島宝素角閃岩勢力富五郎ジェームズKポーク勢力富五郎三井八郎次郎火成

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

勢力富五郎の関連情報