コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勢力富五郎 セイリキトミゴロウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勢力富五郎 せいりき-とみごろう

1817-1849 江戸時代後期の侠客(きょうかく)。
文化14年生まれ。下総(しもうさ)香取郡(千葉県)の人。江戸で力士となったが郷里にかえり,笹川繁蔵(ささがわの-しげぞう)の子分となる。繁蔵が暗殺されたあと,宿敵飯岡(いいおかの)助五郎をねらい,関東取締出役(とりしまりしゅつやく)の追っ手にかこまれ嘉永(かえい)2年4月28日自殺した。33歳。本名は柴田佐助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

勢力富五郎

没年:嘉永2.4.28(1849.5.20)
生年:文化14(1817)
江戸後期の侠客。本名は柴田佐助。下総国香取郡(千葉県)万歳村の生まれ。幼時より力自慢で相撲が強く,千賀浦部屋に入門するが故郷に舞い戻って博奕打ちとなり,下総笹川河岸を縄張りに売り出した笹川繁蔵の一の子分となった。天保15(1844)年の飯岡助五郎との出入りには繁蔵を助けて奮戦,弘化4(1847)年繁蔵が暗殺されたあとは,残された子分と共に助五郎をねらうが果たせず,嘉永2(1849)年関東取締出役の大掛かりな追っ手に囲まれ,潜伏先の金比羅山(千葉県東庄町)で自殺した。これ以降,里人は金比羅山を勢力山と呼ぶようになった。一連の事件は講談,浪曲の「天保水滸伝」となって後世に喧伝された。

(高橋敏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

せいりきとみごろう【勢力富五郎】

1813~1849) 江戸末期の俠客きようかく笹川繁蔵の子分。河竹黙阿弥作の歌舞伎「群清滝贔屓勢力むれきよたきひいきのせいりき」に脚色された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android