コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学めっき かがくめっきchemical plating

世界大百科事典 第2版の解説

かがくめっき【化学めっき chemical plating】

めっきの主流である電気分解を利用した電気めっきに対して,電気分解によらないめっき加工法を化学めっき,または無電解めっきelectroless platingと呼ぶ。金属塩溶液と還元剤からなる浴に被処理材を浸し,この表面に金属を還元析出させるもので,ニッケル,コバルト,銅,銀などのめっきが行われている。被処理材は金属に限らない点が特色の一つである。ガラスに銀めっきを行って鏡を製造する銀鏡反応は,19世紀初頭から行われてきた化学めっき技術の実例である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

化学めっき
かがくめっき

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

化学めっきの関連キーワード熱線反射ガラス金属表面処理ABS樹脂無電解鍍金鍍金

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android