コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化粧回し ケショウマワシ

デジタル大辞泉の解説

けしょう‐まわし〔ケシヤウまはし〕【化粧回し】

相撲で、十両以上の力士が土俵入りのときなどに用いるまわし。前面に前垂れようのものがあり、それに金糸銀糸の刺繍(ししゅう)などを施す。多くは緞子(どんす)で仕立てる。どんす。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けしょうまわし【化粧回し】

相撲で、関取が土俵入りなどの際につけるまわし。金糸・銀糸で豪華な刺繡ししゆうをしたものが多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

化粧回し
けしょうまわし

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

化粧回しの関連キーワード褌・犢鼻褌土佐闘犬浮立相撲関取

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

化粧回しの関連情報