北政所(読み)きたのまんどころ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北政所
きたのまんどころ

摂政関白(せっしょうかんぱく)の妻の尊称であるが、狭義には豊臣(とよとみ)秀吉の正室おね(1548―1624)をいう。尾張(おわり)(愛知県)の人。杉原定利の女(むすめ)で浅野長勝の養女。1561年(永禄4)14歳で秀吉と結婚。88年(天正16)4月19日従(じゅ)一位に上る。糟糠(そうこう)の妻として内助の功あり、秀吉生母にもよく孝養を尽くした。秀吉の死後落飾して高台院(こうだいいん)と号す。1606年(慶長11)京都東山に高台寺を建て、秀吉の菩提(ぼだい)を弔った。徳川氏より化粧料として河内(かわち)(大阪府)に1万3000石を支給された。[橋本政宣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の北政所の言及

【高台院】より

…自署名は禰(ね)。1585年(天正13)秀吉の関白就任で北政所と称され,88年の従一位叙位記に豊臣吉子と記され,1603年(慶長8)高台院の号を勅賜された。尾張の人杉原定利の次女。…

【政所】より

…妻は無位でも夫が資格を得ると政所を置いたが,その政所は夫とは別であった。後世,摂関家をはじめ貴族の妻を政所,北政所(きたのまんどころ)と称するようになる理由はここにあったと考えられる。(3)鎌倉・室町幕府の財政,政治の機関。…

※「北政所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北政所の関連情報