コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高台寺 コウダイジ

百科事典マイペディアの解説

高台寺【こうだいじ】

京都市東山区下河原町にある臨済宗建仁寺派の寺。本尊釈迦如来。1605年徳川家康が豊臣秀吉を弔うため建立。秀吉北政所(きたのまんどころ)高台院が母を弔うために建てた康徳寺を合わせたもの。
→関連項目幸阿弥家

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

高台寺

京都府京都市東山区にある寺院。創建は1606年。宗派は臨済宗建仁寺派、本尊は釈迦如来。豊臣秀吉の菩提寺として北政所(きたのまんどころ)が開創。正式名高台寿聖禅寺。庭園は国の史跡・名勝に指定。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうだいじ【高台寺】

京都市東山区にある寺。山号は鷲峰山。はじめ曹洞宗,のち臨済宗。豊臣秀吉の妻の北政所(きたのまんどころ)は秀吉の没後大坂から京都に移り,尼となって高台院と称した。この高台院が,秀吉の菩提を弔う所として,徳川家康の援助のもと1605年(慶長10)に開創したのが当寺である。そののち,たびたび火災にかかり,方丈など現在のおもな建物は明治以後の再建である。創建当初の建物には,開山堂と表門,それに秀吉夫妻の像を安置し北政所の遺骸を葬る霊屋(たまや)があり,いずれも重要文化財。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうだいじ【高台寺】

京都市東山区にある臨済宗建仁寺派の寺。山号は鷲峰山じゆぶざん。1605年豊臣秀吉の正室高台院が秀吉の冥福を祈って建立。安土桃山時代の建築様式を残す開山堂や霊屋たまや、また時雨しぐれ亭・傘からかさ亭などの茶室がある。庭は小堀遠州の作といわれる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高台寺
こうだいじ

京都市東山区下河原(しもかわら)町にある臨済(りんざい)宗建仁寺(けんにんじ)派の寺。鷲峰山(しゅうほうざん)と号し、詳しくは高台聖寿(しょうじゅ)禅寺という。豊臣(とよとみ)秀吉の正室北政所(きたのまんどころ)は秀吉の死後落飾して高台院湖月尼といい、一寺を建てて秀吉の冥福(めいふく)を祈ろうとしたところ、その意をくんだ徳川家康が、1605年(慶長10)ここに伽藍(がらん)を建立して高台寺と名づけた。初め曹洞(そうとう)宗に属していたが、1622年(元和8)建仁寺の長老三江紹益(さんこうじょうえき)を住持に招き、臨済宗となった。たび重なる火災によって焼失し、現在は開山堂、霊屋(たまや)、表門(いずれも国指定重要文化財)などが残る。霊屋(湖月堂)は創建当時のもので、その内陣須弥壇(しゅみだん)と厨子(ずし)の蒔絵(まきえ)は高台寺蒔絵として名高い。厨子内には、本尊の随求菩薩(ずいぐぼさつ)、その左右に豊臣秀吉夫妻の像を安置している。開山堂はもと湖月尼の持仏堂であったが、1625年(寛永2)増築して開山堂としたもので、後方の廟堂(びょうどう)に三江紹益の像を安置している。表門は薬医門(やくいもん)と号し、もと伏見(ふしみ)城にあったものを加藤清正(きよまさ)がここに移したといわれる。
 寺内には円徳院、春光院、月真院、玉雲院、岡林院などの子院がある。小堀遠州作の庭園はハギの名所として知られ、傘(からかさ)亭と時雨(しぐれ)亭の2茶室、観月台は伏見城の遺構で、国の重要文化財に指定されている。寺宝は豊臣秀吉画像、秀吉消息2幅、蒔絵調度類(いずれも国指定重要文化財)など数多い。[菅沼 晃]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

高台寺の関連キーワード京都府京都市東山区高台寺 掌美術館都久夫須麻神社祇園祭礼信仰記安土桃山時代土井 貞枝高台寺庭園円山公園土井貞枝金沢漆器渡辺了慶梅村真守高桑闌更狩野光信建築様式小堀遠州狩野興以ねねの道絵梨子地絵梨地

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高台寺の関連情報