コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十分の一税 じゅうぶんのいちぜい tithe; Zehnt; dîme

6件 の用語解説(十分の一税の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十分の一税
じゅうぶんのいちぜい
tithe; Zehnt; dîme

中世ヨーロッパで,教会が教区の農民から毎年徴収した生産物貢租で,その納税率が収穫物の 10分の1にあたっていたのでこの名称が生れた。フランク王国で8世紀頃から実施され,教会の維持,聖職者の生計などにあてられたが,のちには俗人の封建領主が自己の封建的権利の一つとして収奪する場合もあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゅうぶんのいち‐ぜい〔ジフブンのイチ‐〕【十分の一税】

中世のヨーロッパで、教会がその教区の農民から収穫物の10分の1を徴収した税。のちには世俗領主も取り立てるようになった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

十分の一税【じゅうぶんのいちぜい】

中世封建社会のヨーロッパで教会が教区民から収穫物の10分の1を徴収した貢租。旧約聖書(《レビ記》27:30など)を典拠として5世紀以降導入され,8世紀後半以来広く公認され,全キリスト教徒が対象となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうぶんのいちぜい【十分の一税 tithe】

ヨーロッパにおいて,中世いらい農民に賦課されていた貢租。5世紀以降,キリスト教会は,旧約聖書(《レビ記》27:30など)にもとづき,貧者・病人の救済,教会運営と聖職者の生計維持のために,信徒から収入の10分の1を貢献するよう求めたが,8世紀後半いらい,これが全キリスト教徒に強制的に課せられる租税となる。9世紀以降,その徴収権はしばしば世俗の領主の手に渡った。穀物,ブドウ酒,野菜,果実などの土地からの収穫物のほか,家畜や畜産物にも課され,その額は,多くの場合収穫の10%程度であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じゅうぶんのいちぜい【十分の一税】

ヨーロッパで六世紀頃から行われた一種の宗教税。教会が教区民から収穫物の10分の1を徴収したもので、のちには世俗領主の手に帰することも多かった。一九世紀にほぼ廃止。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十分の一税
じゅうぶんのいちぜい
tithe英語
Zehntenドイツ語
dmeフランス語

西欧封建社会で広く教会によって実施された収益一定分の課税。初めはキリスト教徒の自発的慣行であったが、4世紀ごろから義務的になっていった。その後、カール大帝は勅令によって、カール・マルテルと彼自身が公収した教会財産の補償として、十分の一税を教会法から市民法上の規則とした。課税対象は、穀物、干し草、野菜などの土地生産物のほかに、家畜、卵、牛乳、バター、麦粉、ぶどう酒、蜂蜜(はちみつ)、それに労賃などあらゆる収益に及んだ。徴税権者は司教や修道院長で、小教区の主任司祭が徴収責任者となり、その収益の一部は聖職者の年収にあてられた。文字どおり10分の1の税率であったわけではなく、フランスでは、収入の14分の1か15分の1の割合にしか達しなかった。それでも18世紀には民衆の間で不評判となり、しばしば苦情や係争の種となり、フランス革命の勃発(ぼっぱつ)とともに廃止されるに至った。[井上泰男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の十分の一税の言及

【教区】より

…教区の中心,すなわち集落の中央に,墓地を含む教会用地があり,礼拝の行われる教区教会堂parish churchと牧師館rectoryとが建てられている。本来中世において,会堂内の祭壇の置かれた内陣の維持管理費,教区司祭の給与,貧民への施しのために十分の一税が課せられ,やがて近世にはいると,会堂の会衆席のある身廊の維持管理費,礼拝に必要な物資の調達,教会役員の給与のために,教区民に教区税が課せられた。教会役員は,教会委員,教区書記,墓掘り男であった。…

※「十分の一税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

十分の一税の関連キーワード北ヨーロッパ西ヨーロッパ東ヨーロッパ南ヨーロッパヨーロッパトルコヨーロッパロシアヨーロピアンヨーロッパポイントヨーロッパ通貨機構ヨーロッパ級

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

十分の一税の関連情報