コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十郷用水 じゅうごうようすい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十郷用水
じゅうごうようすい

福井県北部,福井平野の一部をなす坂井平野の耕地を灌漑する最大の用水路。平安時代後期に開削された。灌漑面積約 100km2。取水口は九頭竜川が福井平野に出る坂井市丸岡の鳴鹿大堰で,ここから北西に坂井平野を斜めに横切り,途中新江用水,高椋用水,磯部用水などの諸用水を分かち,灌漑を行なう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の十郷用水の言及

【河口荘】より

…そのときの尋憲の日記〈越前国相越記〉は一向一揆討滅直後の凄惨な荘内の状況を伝えている。 なお河口荘十郷が中世を通じて一つの荘園としてまとまりを保ったのは,平安末期からこの地域の開発を可能にしてきた九頭竜川から取水する鳴鹿用水=十郷用水の水利権にあったといえよう。十郷の各春日社は井ノ口神社で,用水を配分する場所にあり,大連家は本庄郷の春日惣社の神官であるとともに用水を管理して荘内の支配的地位にあった。…

※「十郷用水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

十郷用水の関連キーワード坂井[町]芦原[町]永平寺町鳴鹿堰堤越前国十郷橋

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android