コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

協定貿易 きょうていぼうえきtrade by agreement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

協定貿易
きょうていぼうえき
trade by agreement

2国間または多数国間で貿易と支払いに関する協定 (またはそのいずれか) を結び,それに従って行われる貿易の方法。貿易協定と支払協定を合せて通商協定というが,貿易協定は相互に一定期間に貿易する商品の種類,数量,金額を約束したもので,支払協定は金融協定ともいい,貿易取引に伴う代金の決済方法などを約束したものである。このような協定に基づく貿易は手持ち外貨の少い国同士が,貿易量の縮小傾向を打破する目的で採用することが多く,その典型は清算勘定協定によるもので,1931年のスイス,ハンガリー間の協定をきっかけに急速に発展した。しかし第2次世界大戦後は,この方式が本来的に通商の自由を制限し,また第三国を差別待遇することになるため,世界的な貿易,為替自由化の進展を前に次第に廃止されつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうていぼうえき【協定貿易】

国家間で貿易や決済方法などについて協定を結び、その協定に従って行われる貿易。相互に輸出入の均衡をはかり、貿易を維持・拡大することを目的とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

協定貿易
きょうていぼうえき
trade by agreement

2国間あるいは多数国間で、輸出入均衡を図り貿易を促進するために貿易協定や支払協定を締結し、それに基づいて行う貿易をいう。貿易協定では、当事国間で取引される商品の品目、数量、関税率などが取り決められる。また支払協定あるいは清算協定には、当事国の中央銀行に清算勘定を置いて、貿易の支払いは為替(かわせ)を用いずに清算勘定への受け払いによって行い、中央銀行がその債権・債務をまとめて相殺するという双務的清算協定や、貿易の支払いには為替を用いるが、当事国の自国通貨と相手国通貨の一定額を特定の為替レートで交換することを約定するという双務的支払協定などがある。このような協定貿易は、1930年代の大不況に伴って、国際収支の悪化に悩む世界の多くの国々が、関税障壁を高め、為替管理を強化して、世界貿易が縮小の一途をたどった際に、これを打開するための方策の一つとして、とられ始めたもので、31年のスイス・ハンガリー間の協定が最初といわれ、その後急速に発展した。
 第二次世界大戦後も、深刻なドル不足対策として協定貿易が盛んであったが、この貿易方式は第三国に対する差別待遇をもたらすものであり、自由で多角的な貿易を推進するというIMFや世界貿易機関(WTO)の理念とも相いれないため、今日では、ほとんど行われていない。[志田 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

協定貿易の関連キーワード経済連携協定(EPA)オープン・アカウント輸出入カルテル世界貿易機関保護主義洗濯表示WTOFTA

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

協定貿易の関連情報