コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国策会社 コクサクガイシャ

デジタル大辞泉の解説

こくさく‐がいしゃ〔‐グワイシヤ〕【国策会社】

主に満州事変後、第二次大戦終了までに、国策を推進するため、政府の援助・指導によって設立された半官半民の会社。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こくさくがいしゃ【国策会社】

国家の産業政策を遂行するために設立された半官半民の特殊会社。日本では第二次大戦中、植民地支配のために多くつくられた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国策会社
こくさくがいしゃ

戦前日本の戦時統制経済の展開過程に設立された半官半民の企業形態。とくに日中戦争期に多く設立されたが、各種の統制法規に関係している点に特色があった。電力管理法などに基づく日本発送電株式会社、石炭配給統制法に基づく日本石炭株式会社などがそれである。重要物資の生産・配給の一元化を図るために、政府が役員の決定権をもつなど、まさに国家独占資本主義における国家の経済介入を典型的に示すものであった。しかし太平洋戦争期に入ると、政府や軍部はこのような企業形態に満足することができず、より直接的な形で、つまり政府機関の一部ともいうべき営団、金庫という企業形態を採用するに至った。このほか、植民地や占領地での開発・支配の機関として、法律によって設立された北支那(しな)開発、中支那開発、台湾拓殖、樺太(からふと)開発などの諸株式会社をはじめ、大日本航空、東亜海運といった特殊会社も国策会社の一種といえよう。第二次世界大戦終結とともに、これら国策会社の多くは解体されるか、特殊会社に指定されたが、国策会社を母体として、戦後に発展した私企業も存在する。なお、2004年(平成16)まで存続していた帝都高速度交通営団(営団地下鉄)は同年4月に民営化されて東京地下鉄株式会社(東京メトロ)となり、日本では営団はなくなった。[加藤幸三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の国策会社の言及

【統制経済】より

…1931年4月に制定された重要産業統制法は,この時期の典型的な統制法規であり,同時に制定された工業組合法とともに,強制カルテル化という独占的組織の強化によって不況の克服をはかろうとした。類似の立法はイタリアやドイツにもみられたが,日本はむしろその先駆をなし,このような企業統制の強化は,やがて半官半民の形態をとる多くの国策会社の設立にもつながる。1934年1月に設立された日本製鉄株式会社もその一つである。…

※「国策会社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国策会社の関連キーワード大間原発の建設差し止め訴訟満州重工業開発株式会社アメリカ通信衛星会社サイパンの統治と陥落満州重工業開発会社電力供給の地域独占東洋拓殖株式会社北支那開発[株]中支那振興[株]国際石油開発帝石日本発送電[株]東亜興業株式会社電力の供給体制フォート・ロス東洋拓殖[株]石油資源開発日清汽船会社松木 幹一郎東洋拓殖会社白石 元治郎

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国策会社の関連情報