コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多度 たど

2件 の用語解説(多度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多度
たど

三重県北部,桑名市北西部の旧町域。養老山地南麓,揖斐川西岸にある。 1954年多度村に町制施行,1955年野代村,古浜村,古美村,七取村の4村と合体。 2004年桑名市,長島町と合体して桑名市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多度
たど

三重県北部、桑名(くわな)郡にあった旧町名(多度町(ちょう))。現在は桑名市の北部を占める一地域。養老(ようろう)山地の南端にあり、肱江(ひじえ)川、多度川の流域を占める。旧多度町は、1954年(昭和29)町制施行。翌1955年野代(のしろ)、古浜(ふるはま)、古美(ふるみ)、七取(ななとり)の4村を編入。2004年(平成16)長島町とともに桑名市に合併した。名称は多度大社に由来。東部の揖斐(いび)川右岸は低湿地であるが、南西部は養老山地へかかる丘陵で、北部は多度山(403メートル)を含む養老断層の急崖(きゅうがい)となっている。東部を近畿日本鉄道養老線、国道258号が通じる。低湿地は水田、蓮根(れんこん)田など、丘陵では富有ガキが古くからの名産で、クリ、ミカンも産する農村であるが、1983年富士通三重製作所(現、富士通セミコンダクター三重工場)が立地した。水郷県立自然公園に属し、多度山、多度峡などの行楽地がある。多度大社(北伊勢(いせ)大神宮)は1500年の歴史をもち、例祭で行われる上げ馬神事は県の無形民俗文化財。[伊藤達雄]
『饗庭義門編『多度町史』(1963・多度町) ▽『多度町史』全5巻(1995~2004・多度町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多度の関連キーワード三重県桑名市北魚町三重県桑名市北川原台三重県桑名市北寺町三重県桑名市北鍋屋町三重県桑名市北別所三重県桑名市京町三重県桑名市桑名三重県桑名市新町多度〈町〉三重県桑名市矢田

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

多度の関連情報