コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

占城稲 せんじょうとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

占城稲
せんじょうとう

11世紀初め中国江蘇浙江を中心とする地域に導入されたチャンパ(占城)原産のイネの品種。チャンパ米ともいう。この種子は福建地方から取り寄せられたといわれ,早熟で干魃に強いなどの特徴をもち,もともと江蘇,浙江地域で栽培されていた晩熟性のものとの二毛作に貢献した。江戸時代に日本にも導入されたが,広く普及するにいたらなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんじょうとう【占城稲 zhàn chéng dào】

中国,宋代に輸入し普及した稲の品種。1012年(大中祥符5),真宗の命でインドシナのチャンパ(占城)から3万石をとり寄せ,華中の水田と開封の宮廷で試作した。結果は干害塩害に強く,やせた田で育ち,ふつうの晩稲おくて)が120日で成熟するところを50~100日で熟し,急激に華中・華南に広がった。インディカ系(秈(せん))の早稲(わせ)であろう。ために傾斜地や干拓田の多い江南の稲作は一変して安定し,人口の増加,産業の分化をもたらした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

占城稲
せんじょうとう

中国の米の品種。北宋(ほくそう)第3代皇帝真宗(しんそう)の1012年、インドシナ半島のチャンパ(占城)から3万石の種子を取り寄せ、華中や開封(かいほう)の宮中で試作し、やがて急激に江南、福建、広東(カントン)に広がった。インディカ系の早稲(わせ)で、在来の晩稲(おくて)が成熟に120日もかかるのに比べ50日から100日で熟するため、干害、水害を免れ、やせ地や塩分を含む田でも育つので、干拓田や水がかりの悪い山間で普及した。始めは租税や地租には認められなかったが、都市大衆や非自給地で多量に消費された。占城稲の導入で稲作は一挙に安定し、巨大人口を養い、産業の分化を促した。品種改良も進んで明(みん)・清(しん)では在来の(せんとう)(インディカ)との区別がぼやけた。日本では味が悪いためかあまり普及しなかった。[斯波義信]
『天野元之助著『中国農業史研究』(1962・御茶の水書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

占城稲の関連キーワード宋(中国の王朝(960~1279))宋の時代(年表)真宗(皇帝)真宗[宋]斯波義信

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android